インプレッサのオイル交換、おすすめはこのオイル!

 昨年の10月に我が愛車が納車されてから、早くも3ヶ月以上が経過した。

この間に、我がインプレッサオイル交換2回おこなったのだが、それは言い換えれば、

3種類のエンジンオイルを試した」

ということになる。

 そこで今回の記事では、私がインプレッサで試した3種類のオイルについて、私が感じた印象や特徴を述べさせて頂こうと思う。

その上で、私の「おすすめオイル」も発表させて頂く。(^_^)

 えっ?

メンテパックで定期的に純正オイル入れてるから、そんな情報いらんって?

 まぁそうおっしゃらずに。(^_^)

 確かに近年は、ディーラーが勧めていることもあって、購入時にメンテパックも併せて購入する方も多い。

それもあって、オイル交換への注意やこだわりを持つ人は、以前より減っているのかもしれない。

 しかし!

私に言わせれば、そのクルマのパフォーマンスを出来るだけ引き出して、なおかつ良い状態を長く保ちたいと考えた時、ディーラー任せではぜんぜんダメだ

その理由を語りだすと長くなるので割愛するが、興味のある方は、下記の過去記事に私のエンジンオイルに対するこだわりについて書いているので、そちらを参照頂きたい。

 オイル交換にこだわりを持たない人も多い一方で、スバルの客にはマニアックな客が多いイメージ(最近はアイサイトの影響で、そうでもなくなってきたが)もあり、オイルにこだわる人も多いのではないか、と。(^_^)

なので、私と同じインプレッサオーナーの方々の中にも、どのエンジンオイルを選び、どれぐらいの間隔で交換すれば良いか、迷っている人もおられるかもしれない。

いや、逆にマニアック過ぎて、すでに自分なりのオイル交換の指針を確立している人も多かったりするのかもしれないが。(^o^;

 では以下、インプレッサのオイル交換について、私の経験を語りつつ、おすすめオイルについて述べさせて頂くので、興味のある方はどうぞご覧下さい。

ただし、あくまでも個人の感想・考えの1つとして参考にして頂きたい。

私も「これが唯一無二の正解だ!」などと言うつもりはないので。(^_^)

私が試した3種のエンジンオイル

 これまでに私が試したエンジンオイルは、

  1. SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20
  2. SUBARU MOTOR OIL SN 5W-30
  3. SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30

の3種類。

すべてスバル純正のエンジンオイルだ。

では、以下でそれぞれのオイルについて触れていこう。

1.SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20(新車時のオイル)

 新車の時点で最初から充填されているオイルがこれ。

すなわち、メンテパックのオイル交換で入れられるオイルもこれだ。

SUBARU(スバル) エンジンオイルMOTOR OIL ECO 0W-20 20Lペール缶

 名前に「ECO」とついている通り、燃費性能を重視したサラサラの柔らかいエンジンオイルなのだが、これが意外と悪くない。

「エコタイヤ」、「エコモード」など、大体の場合「エコ」と名のつくものは燃費性能が良いだけでロクなのがないのだが、このオイルは「エコ」一辺倒ではなく、いろんな面でバランスが良い。

始動性に問題が無いのは当たり前として、エンジンの回転フィールも悪くないし、加速のレスポンスも悪くないし、軽快だし、静粛性も悪くない

なるほど、さすがは純正オイル。

インプレッサというクルマの出来の良さを、しっかりと味わえるエンジンオイルだ。(^_^)

 しかも驚いたことに、1ヶ月経ってもフィーリングが全く悪化する様子がない。

私のクルマ遍歴において、日本車の純正オイルで1ヶ月経っても好フィーリングが持続するというのは、今回のインプレッサが初めて

なぜこんなにも好フィーリングが持続するのか?

その答えは、最初のオイル交換をする際、ディーラーで純正オイルのチラシをもらった時に判明した。

このオイル、私はてっきり鉱物油だと思っていたのだが、なんと「化学合成油」だったのだ!

 へぇ~~~、スバルって純正オイルに合成油を使ってるんやね。

それって日本車ディーラーでは珍しいよね?

さすがにレクサスあたりは合成油を使ってんのかな?

とにかく、他の日本車ディーラーも見習って、純正オイルは合成油を使ってほしいな。(^_^)

 と、いきなり最初のオイルからベタ褒めで、「じゃあそれ入れときゃいいジャン」と言われるかもしれないが、それがそうでもないんだな。(^^;

いや、大きな不満は無いよ。

でも気付いたかな?

「悪くない」と表現していることに。

つまり、悪くはないけど、

まだもうちょっとフィーリングを改善できる余地が残されてるんじゃないかな?

とも感じるのだ。

 というわけで、1000kmの慣らし運転に加え、そこからさらに約240kmをこのエンジンオイルで走らせた後、最初のオイル交換を行うことになる。

そこで、さらなるフィーリングの改善を求めて選んだオイルが次のオイルだ。

2.SUBARU MOTOR OIL SN 5W-30

 今までの経験で、オイルを硬くすると燃費は落ちるけど静粛性がアップし、エンジンの回転フィールもまろやかになる、という傾向があったため、最初のオイル交換で選んだオイルがこれ。

スバル純正 エンジンオイル 4リットルSUBARU/MOTOR OIL SN 5W-30 5W30 4L【部分合成油】

 このオイルは「部分合成油」ということで価格はちょっと安いみたいだが、それでも日本車ディーラーで一般的に使われている鉱物油よりはちょっと高めかな。

 しかし、私の期待もむなしく、このオイルでは、期待したほどの改善効果は得られなかった。(-_-)

もちろん、始動性に問題はない。

だが、エンジンの回転フィールは若干重苦しくなり、そのせいか加速のレスポンスも若干悪くなり、全体的に軽快感がやや薄れた印象だ

 そして、最も期待していた静粛性の向上という点では、上り坂などで2000回転付近をキープしながら巡航する際には多少の静粛性向上が感じられる程度で、ほとんどの走行シーンにおいて差が感じられなかった。

つまり、最初のオイルよりも悪化した事のほうが多い。(^_^;

その悪化を受け入れてもよいと思えるほどの静粛性向上が得られないため、私としてはこのオイルは無しかな、と判断した。(-_-)

 というわけで、このエンジンオイルで約700kmほど走らせた後、2度目のオイル交換を行うことになる。

そこで、スバル純正オイルの中では「最後の切り札」的な存在である、次のオイルを選ぶことになったわけだ。

3.SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30

 スバルいわく、燃費性能とフィーリングを高次元でバランスしたというプレミアムオイルがこれ。

スバル エンジンオイル レ・プレイアードZERO 0W-30 20Lペール缶

 オシャレっぽい名前で高級感を出しているだけで大して変わりが無かったらボロクソに酷評してやるぜ!

なんせオイル交換代も、日本車の純正オイルにしちゃあけっこうな値段だしな! (^o^)

と思っていたのだが、、、

このオイル、かなりいいぞ! (^O^)

エンジンの回転フィール、加速のレスポンス、軽快感、静粛性、それら全てのフィーリングがアップした!

回転フィールは非常になめらかだが、だからといって回転の抵抗感や重苦しさを感じることもない。

加速させる際のクルマの反応がダイレクトで気持ちがいいし、アクセルをオフした時の空走感が軽快感を感じさせてくれる。

何てゆうか、あらゆる面でムダなフリクション感が少ないのだ。

 そして、何と言ってもうれしかったのは静粛性の向上

街乗りではそれほど感じないかもしれないが、特に山道の上り坂など、少し高めのエンジン回転数(2000~2500回転あたり)で巡航させた時などは、その静粛性向上の効果を感じやすい

実際、阪奈道路の上り坂とかを巡航して走らせてみると、とてもエントリークラスの車種とは思えない静粛性と走行フィール!

「なにこれ!もはや高級車ジャン!」

と思ってしまったぐらい素晴らしい走行フィールだったので、これには本当に驚かされた。

 純正オイルにしてこのクオリティ。

もはや社外品のオイルを試す必要などない。

と思いきや、それでも私は、次のオイル交換で社外品を試してみようと考えている

それはなぜか。

以下でお答えしよう。

試した3種のオイルに、共通する弱点あり!

 上で述べた通り、スバル純正オイルの中では、明らかに、

SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30

が最も優れたパフォーマンスを発揮してくれた。

しかし!

私が試した3種のスバル純正オイルには共通する弱点がある。

それは、エンジンが冷えている状態でのフィーリングが悪い、ということ。

 これはオイルの弱点と言うよりは、スバルのエンジン及びトランスミッションの弱点と言うべきかもしれないが、エンジンが冷えている状態の時と、十分に温まった状態の時とで、あまりにもフィーリングに差があり過ぎるのだ。

具体的に言うと、なめらかさが全然違う。

特に、オイルに「SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30」を使っていると、エンジンが温まってからのフィーリングが非常に良いだけに、より大きなギャップを感じてしまう。(-_-;

 もちろん、クルマなんて、エンジンが十分に温まってからが本来の姿なわけで、エンジン冷え冷えの状態でのフィーリングにケチをつけるほうがナンセンスと言えばナンセンスかもしれないが、

「せっかく温まってからのフィーリングがあんなに良いのだから、冷えてる状態でももうちょっと何とかならないだろうか・・・

と思ってしまうのだ。(-_-)

インプレッサのオイル、おすすめはコレ!

 というわけで、冷えている状態でのフィーリング向上を求めて、私は次のオイル交換では社外品オイルも試してみるつもりだ

しかし、冷えている状態でのフィーリングに関しては、私が試した3種のオイルのいずれでも大差がないことを考えると、社外品オイルを試したところでフィーリングは改善されない可能性が高い、と考えている。

ただ、わずかな望みをかけて1つくらいは試してみないと自分の中でスッキリしないので、ダメ元で試してみようと思っているだけなのだ。(^_^;

 というわけで、実質的には「おすすめオイル」は決まったも同然。

温まってからのフィーリングは完璧、しかもスバル純正という安心感も含めて、インプレッサのオイル交換でおすすめのオイルは、

SUBARU レ・プレイアード ZERO 0W-30

スバル エンジンオイル レ・プレイアードZERO 0W-30 20Lペール缶

これで決まり。(^_^)

ただし、社外品オイルを試して、もしこのオイルよりも優れたフィーリングのオイルがあれば、その時はまたこのブログにてお知らせしたいと思う。

まぁたぶん無いとは思うけど。(^^;

 ただでさえクラスを超えた走りの質感を持つインプレッサ。

その走りの質感をさらに高めたいという方は、ぜひお試し下さい。(^_^)

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    以前レ・プレイアードゼロをお勧めした者です。
    辛口さんの眼鏡にかなったようで何よりです。
    うちのスバルではそこまで積極的に勧めてはこなくて「純正で十分ですよ」とまで言われたのですが、それだけ純正に自信があったわけですね。
    私も「エコ」という言葉には安物をだまくらかしているようなうさんくささを感じるのであまりいい感じがしなかったんですが。
    スバルのホームページによると純正の低温始動性能が最高の5で、レ・プレイアードゼロは4になっているので、同じ0W系ですがこのグラフを見る限り低温始動時はむしろ純正の方が若干良いということになります。
    この低温始動性能をもってしても、水平対向のせいか始動時の横の揺さぶりが大きい感じがします。この辺は仕方ないんでしょうかね。
    5W-30はラインナップの中では唯一の部分合成油で評価も高いとは言えないようです。
    (スバルはこれ以外全部化学合成油のようです)
    今の車は硬いオイルはあんまり推奨されないことが多いみたいですが、寒い時期ですし、新車でエンジンの摩耗も少ないので素直に0W系でいいような気がします。
    以前はキャンペーンや1年点検などの節目にレ・プレイアードゼロを入れると結構大きな割引があったんですが、2年前くらいから無くなりました。
    スバル車はタイミングチェーンの潤滑のためオイル量が多いとのことで、割引がないと結構な出費なのが辛い所です。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      返信遅くなりましてすみません。(^^;

      その節はプレイアードゼロのご紹介、ありがとうございました。

      日本車ディーラーの純正オイルで、ああいったプレミアムオイルがラインナップされていることが今まで無かったので、もしオススメ頂いてなかったら1回目のオイル交換の時点で他社品に手を出していたかもしれません。

      事前にプレイアードゼロの話をここで聞いていたから、オイル交換の際に、

      「他にもちょっとええ純正オイルあるんでしょ?プレイアードなんとか、ってやつとか。」

      と、営業マンさんに聞くことが出来ました。

      そのおかげで、純正オイルのラインナップが載っているチラシを、もらうことができました。
      (何も聞いてなかったら、たぶんそのチラシをもらうこともなかったです)

      だから3種類の純正オイルを試すことができたのです。(^^)

      良い情報を頂きまして、本当にありがとうございました。(^_^)

  2. アバター 2.0iSスポーツ乗り より:

    私はもっぱらメンテパックのオイル交換で済ませていますが、化学合成油だったとスバル歴長い自分も辛口さんのブログで初めて知りました。
    驚きですね、嬉しい誤算です。
    確証持てませんが数年前まで通常のスバル純正オイルは鉱物油だったと思います。
    オイル代が1~2割程値上がりした時期があったので、もしかしたらその頃から合成油になっていたのかもしれませんね。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      スバル歴の長い方でもご存知なかったとは、最近になってこっそり変わったんですかね?(^o^;

      この流れに他社ディーラーも追従してもらいたいです。

      鉱物油の純正オイルは、ホントにフィーリングがぜんぜん持たないんです。
      私の経験上、たとえ走行距離が短くても、1ヶ月以上持ったオイルが無いです。(^o^;

      エンジン保護性能はまだまだ維持されていると言われるんですが、フィーリングが悪化した状態で乗りたくないですからね。(^^;

      かと言って毎月オイル交換するのは金がかかるということ以上に、交換頻度が多すぎてドレインボルトとかがバカになってオイル漏れするんじゃないかと心配になりますし、そして何よりメンドクサイ。(^o^;

      ぜひともクルマの性能を最大限に引き出し、そのフィーリングを長持ちさせるような純正オイルを標準で使ってもらいたいものです。

  3. アバター GK7-B型 より:

    年会費有のスバルカードに入ってるとオイルが超お得と価格コムに書いてあった。
    自分は点検パックに入ちゃってるけど。

    初めてのスバルでインプレッサはそろそろ1年になりますが、
    かなり乗りずらいです。加速の制御が特に難しく、発進加速は全くつかめていません。
    辛口の管理人さんが納得してるのが少し不思議に感じます。
    それとも他の車はもっとギクシャクしたりしてるのでしょうか?
    エクリプスクロスのFFを試乗してハンドリングやアクセル制御が凄いと思いました。
    内装もインプレッサクラスだなと感じました。
    他には試乗していません。

    エアコンをかける夏場はインプレッサの調子が超悪かったです。
    エンジンオイルが原因とは思えないほどの大きなコンディション変化がありました。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      GK7ということは2.0リッターのAWDモデルですよね。

      そんなに乗りづらいはずはないんですけどねぇ。

      シフトプログラムの学習を一度リセットしてもらったらどうでしょうか?

      私のインプレッサも、納車直後の学習の状態がすでにおかしくて、学習をリセットしてもらったら後退(R)にシフトを入れた時のタイムラグが短くなった、ということがありました。

      (参考)
      インプレッサ退院!異音はどうなった?

      シフトの学習は、まさにCVTの動きをつかさどるわけですので、発進加速にも影響を与えている可能性があると思います。

      ちなみに、スバル乗りの間では、学習をリセットする方法として「アクセルペコペコ」なる技が語られていますが、ちゃんとディーラーで正式な方法でリセットをかけてもらって下さい。

      そこまで乗りづらいということであれば、学習のリセットによって、何らかの変化はあるだろうと思います。

      夏場にエアコンをかけたら調子が超悪いというのは、コンプレッサーなり、何らかの別の原因があるかもしれませんので、遠慮せずにディーラーに相談したほうがいいと思います。

      特にデカいところの修理は、新車保証の期間内にクリアしておくべきです。

      あなた様のインプレッサが、一刻も早く本来の素晴らしい状態に復活することをお祈りしております。

      復活さえすれば、インプレッサは本当に素晴らしいフィーリングを持ったクルマですから。(^_^)

  4. アバター GK7-B型 より:

    2リットルの4駆グレードです。
    そおいえば後退バックギアからドライブに入れての発進でタイムラグあります。
    気になってネット探索してたら価格コム掲示板などで同様の人がちらほらいました。
    その人たちはディーラーで頑張ってみたものの予後は良くないようでした。

    インプレッサを気にいってないわけではありません。10年以上は乗るつもりで買いました。
    ただ管理人さんがBMWから乗り換えたことに驚いたのです。しかも辛口。
    でも調子が良いのですね。納得しました。
    1年点検の時にディーラーに相談します。

  5. アバター より:

    トヨタのGRオイル二種類試して貰えませんか?気になってるので。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      GRオイル、調べてみました。(^_^)

      2種類のうち、もし私が試すとしたらストリート重視で静粛性の向上が期待できる0W-30のほうだけですね。
      0W-20はレスポンスや低燃費などには有利ですが、しっとり感が無いので、私の好みのフィーリングとは異なる方向性となりますので。

      しかし、検索しても1L缶が見当たらないので、買うとなると4L缶単位での購入になりそうです。

      そうなると、インプレッサの必要オイル量が4.2Lか4.4Lのため、1缶では足りません。
      かと言って2缶買うと、片方はほとんど捨てることになってしまい、それはさすがにムダすぎて買う気がしません。

      トヨタのディーラーに「はかり売り」してないか聞いてみたのですが、それはやってないとのこと。

      というわけで、ご要望にそえず申し訳ないですが、GRオイルはスルーになりそうです。(^^;

      1L缶が発売されれば、ぜひ試したいですけどね。(^_^)