インプレッサ、フィーリング重視のオイル交換

 以前の記事「インプレッサのオイル交換、おすすめはこのオイル!」で、おすすめしたスバル純正オイル「レ・プレイアード・ゼロ(LES PLEIADES ZERO)」を使用していた私。

 あれから新たに分かったことや試したことについて、今回は報告させて頂こうと思う。

1.おすすめオイルの意外な弱点

 私がおすすめオイルとして認定したスバル純正オイル「レ・プレイアード・ゼロ」だが、あれからしばらくして、意外な弱点があることが判明した。

その弱点とは・・・、

好フィーリングが長持ちしないこと

だ。(-_-)

 オイル交換直後は、非常に素晴らしいフィーリングを提供してくれるオイルなのだが、その好フィーリングが持続したのは約3ヶ月で、その後は徐々にフィーリングが悪化していった。

「レ・プレイアード・ゼロ」は化学合成油なので、もうちょっと長持ちするだろうと勝手に予想していたのだが、約3ヶ月(その間の走行距離は約1000km)とは、意外にもその寿命は短かったという印象だ。

 あっ、誤解のないよう付け加えておくが、エンジンオイルとしての保護性能が3ヶ月を過ぎると無くなってしまうということではない

あくまでも「フィーリングが悪化する」、というだけの話。

 ただ、フィーリングを重視している私の場合、「フィーリングが悪化してきた」と感じた時点で、そのオイルは寿命を迎えていると判断する。

 そんなわけで、「レ・プレイアード・ゼロ」はおすすめのオイルであることには変わりはないのだが、出来れば交換当初の好フィーリングがもうちょっと長持ちするオイルを求めたいところだ。

希望としては、せめて半年ぐらいは持ってほしいね。(^^;

スバル エンジンオイル レ・プレイアードZERO 0W-30

感想(3件)

2.ケンドルのオイルを試してみた

(1)知る人ぞ知る、私の認定オイル!

 そこで、次なるオイルを試してみた。

そのオイルとは、

「ケンドル(Kendall)GT-1 HIGH PERFORMANCE 5W-30」

だ。

 実はこのオイル、私が以前に乗っていた「日産 フーガ 370GT」に最適なオイルとして、私が認定したオイルである。(^_^)

 フーガに乗っていた当時、このケンドルのエンジンオイルの特徴として最も素晴らしいと感じていたのは、好フィーリングが長持ちする、というところ。

その特徴に期待して、インプレッサに使ってみることにしたわけだ。(^_^)

(2)インプレッサに「5W-30」は合わない!

 ケンドルのオイルに交換後、走り出してすぐに分かった。

「ダメだ・・・、このオイルはインプレッサには合わない。。。」

と。(-_-)

 5W-30の粘度は、すでにスバル純正オイルで試しているが、下記の参考記事でも報告した通り、その時も少しオイルが硬いと感じた。

 しかし、それはオイルそのものがショボかったからかもしれないし、ケンドルの5W-30なら好フィーリングが得られるかも!

という期待を込めていたわけだが、残念ながら思惑通りとはいかなかった。(-_-;

 でも、ケンドルでもダメだったのだから、これで完全に分かった。

インプレッサの2.0リッターエンジンには5W-30は合わない

ということだ。

 一応、取扱説明書を見る限りでは5W-30も純正指定の範囲内のようだが、フィーリング重視であれば、5W-30は使わないほうが良いだろう。

3.モービル1の0W-30を試してみる

 ケンドルの5W-30では、私が求めるフィーリングが得られないと分かったからには、そのままの状態で走り続けるわけにはいかない。

なので、200kmほど走行して、すぐにまた違うオイルに交換した。(^o^;

 もったいないと言うなかれ。

まだ新しいオイルを捨てることよりも、最良の状態ではないと分かっている状態で乗り続けることのほうが、はるかに「もったいない」のだ。

 というわけで、次に試したオイルというのが「モービル1(Mobil1)0W-30」だ。

 困った時のモービル1、ある意味「無難」な選択肢。(^o^)

あの日産GT-Rの指定エンジンオイルが「モービル1(Mobil1)0W-40」ということからも、信頼のオイルブランドであると言えるだろう。

(参考)
●GT-R特別指定部品について
https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/GT-R_SPECIAL/PG/guid-8857ca57-742c-4441-9b25-96bff78dad89.html

 実は昨日(7/15)、「モービル1(Mobil1)0W-30」にオイル交換したばかりだ。(^o^;

 夜に走り回らせてみた感触を言えば、実に素晴らしいフィーリング! (^o^)

そのフィーリングは、私がおすすめオイルとして紹介した「レ・プレイアード・ゼロ(LES PLEIADES ZERO)」のフィーリングと非常によく似ている。

エンジンを回した時の感触がなめらかだし、レスポンスもいい。音も静かだ。(^_^)

 もちろんオイル自体の良さというのもあるのだろうけど、0W-30という粘度がインプレッサのエンジンに合っているのだろう。

インプレッサにお乗りの方は、ディーラーが標準で入れる純正オイル「0W-20」ではなく、積極的に「0W-30」を使用されることをおすすめしたい。

0W-30を使用することにより、ただでさえ質感の高いインプレッサの走行フィールが、さらに上質になる。

 だけど、メンテパックを買っちゃってる人は、標準オイルの0W-20しか入れられないのかな?

それとも多少の追加料金を払えば0W-30を入れてもらえるのだろうか?

そのへんはよく知らないが、メンテパックでオイル交換している人も、ぜひディーラーの人と相談して、出来れば0W-30を入れてもらうようにしよう。

えっ?

0W-30にしたら燃費が悪くなるんじゃないかって?

大して変わんねーよそんなモン!

平均燃費計を見てる限りでは、0W-30を使ったからといって明確に燃費が悪くなったということはない。

むしろ走り方や、どういう交通状況で乗るか、チョイ乗りが多いか少ないか、などの要素のほうが平均燃費にかなり支配的に影響している感じ。

オイル粘度の違いによる差なんて、ほとんど分からないレベルだ。

しょーもないわずかな燃費を気にするより、クルマの良さを最大限に引き出してあげることを重視して頂きたいと思う。

 話が逸れた、元に戻そう。(^_^;

まぁそんなわけで、「モービル1(Mobil1)0W-30」もおすすめオイルと言っていい。

Mobil1 モービル1 エンジンオイルMobil SN / GF-5 0W-30 1L缶

感想(1件)

 問題は、好フィーリングがどれくらいの期間持つのか、というところ。

それについては、またいずれこのブログで報告したいと思う。(^_^)

4.あらためて思う、BMW純正オイルの素晴らしさ

 しかしこうやっていろいろなオイルを試していると、あらためて、

「BMWの純正オイルはスゴかったなぁ! (^_^;」

と思う。

 だってあのオイル、フィーリングも素晴らしくいいし、半年以上経ってもその好フィーリングが持続するんだから。(^^;

ディーラーの純正オイルでそんなことって、今までBMW以外ではあり得なかったからね。(^o^;

 私には外車信仰など微塵もないが、そういうところは素直に「さすがBMW!」と認めざるを得ないところなのかも。

自社のクルマの良さを出来る限り引き出し、その状態を長く持続させるエンジンオイル。

その性能の高さに、「エンジン屋」BMWとしてのこだわりを感じるからだ。

 日本車のディーラーが使っている純正オイルも悪くはないのだが、最高のフィーリングを追求しているかと言えばそうとは思えないし、フィーリングも長持ちもしない。

どちらかと言えば「燃費性能」を重視したオイルを、標準の純正オイルとして使っている傾向があるが、ぜひとも燃費重視はやめて頂きたいと思う。(-_-)

とにかく、燃費を重視した製品や機能には、ろくなものがないというのが、私の中での定説だ。(^o^;
(エコタイヤ、アイドリングストップなど)

5.まとめ

 以上、言いたかった事をまとめると、

インプレッサには、5W-30は合わない。

フィーリング重視であれば0W-30を入れるべき。

ただ、そのフィーリングが長持ちするかどうか。

今回はモービル1を入れてみたが、果たして長持ちするのかどうか?

長持ちしない場合は、また違うブランドのオイルも試していこうと思っている。

ってところかな。(^_^)

 インプレッサのオイル交換に興味のある方、今までディーラー任せにしていたオイル交換だけど、今後は入れるオイルにこだわっていきたいという方は、今後のレポートにもご注目下さい。(^_^)

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
  → 試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    メンテパックでも追加料金でレ・プレイアード・ゼロを入れることはできますよ。
    ただ、客を見て奨めたり奨めなかったりします。
    レヴォーグに乗ってたときは奨められましたが、フォレスターに乗り換えてからは黙って純正を入れられるようになり、こちらから言うと「純正でも十分ですよ」と言われました。

  2. アバター たまご王子 より:

    管理人様、はじめまして。
    たまに(笑)、拝見させていただいてます。
    管理人様、スバル車の都市伝説、アクセルペコペコをご存知ですか?
    知られているなら、すみません。
    知られていないのなら、ネタの一つにお試しください。
    一応、やり方書いておきますね。

    まずブレーキ踏まずエンジンスタートボタン
    を2回押しイグニッションON‼︎
    (この時点でエンジンはかけてません)
    ブレーキを踏まずにもう一度エンジン
    スタートボタンを押し、イグニッションOFF
    にして再度エンジンスタートボタンを
    2回押してイグニッションON
    やらなくてもいいと思いますが、一応MFDを
    3連メーターへ変更し、アクセルの開度を
    表示をさせるよう設定します。
    そしてここからが本題のアクセルペコペコ
    ゆっくりとアクセルを踏み100%全開にして、
    ゆっくりと0%に戻す。
    これを20回程繰り返します。
    そして20回終わったらイグニッションOFF
    これで手順は終わりです。
    後は、いつも通りエンジンをかければ完了

    以上です。失礼します。