突然の「いいね」に驚き!そして考えた・・・

 私のツイッターアカウント、
辛口系おやじ@karakuchikei」。

 このツイッターでは、クルマに関することはもちろんのこと、日々のどうでもいいニュースなどに関してもコメントしたりしている。

だが、フォロワー数を見て頂ければ分かるように、全く人気のない、ほぼ誰にも知られていないに等しいアカウントだ。(^o^)

 そんな不人気アカウントのツイッターに、先日異変が起きた

ある1つのツイートに対し、「いいね」と「リツイート」が大量発生したのだ!

 そのツイートというのがコレだ。

 えっ?

「どこが大量やねん!」って? (^o^;

 いや、普段の私のツイートには、「いいね」や「リツイート」がついたとしても、多くて数件がいいところ。

なので、100件以上の「いいね」や、それに迫る件数の「リツイート」は、私のツイッター史上においては事件と言っていいレベルなのだ。(^o^)

 たまたま私のツイートが、そこそこ有力なインフルエンサー的ユーザーの目にとまり、リツイートされたことによって多くの人の目に触れたからなのだろうか?

こんなに「いいね」が頂けた原因について、特に追跡はしていない。

ただ、、、「ZOZOや前澤社長に対して批判的な人って多いんだな」と、あらためて感じた次第だ。(^o^;

 クルマには全く関係のないツイートが過去最高の反響を得たというのは、クルマ好きのアカウントである「辛口系おやじ@karakuchikei」としては、特に喜ぶべきことではない。(^^;

だが、この「いいね大量発生事件」を受けて、ふと考えた。

以下、クルマとは関係のない話なので、興味のない人はスルーして下さい。(^_^)

なお、私のツイッターアカウント(karakuchikei)をフォローしたい人はこちらから。
     ↓

私(karakuchikei)をフォローすると、

・ブログ記事の更新通知
・ブログコメントへの返信通知
・クルマ関連ニュースへのつぶやき
・つまらんニュースへのつぶやき
・試乗に関するつぶやき

などの情報がツイッターで受け取れます。

前澤社長は悪くない!が・・・、、、

 せっかくツイートの反響も大きかったことだから、ここで1つ言っておこう。

私は別に前澤社長のしていることを悪いことだとは思っていない。

自分のお金をどう使おうが彼の自由だ。

彼がダイナミックにお金を使うことで恩恵を受ける人たちも大勢いるはずだ。

 先日話題となった、

「フォローしてリツイートした人の中から抽選で100人に100万円プレゼント!」

といった驚きの企画にも、賛否両論が渦巻いたが、彼も言っている通り「誰も損してない」。

いや、むしろ損してないどころか、100万円もらえた人は得してるわけで。(^o^)

 ただ、やり方が実に「下品だ」と思うだけだ。

前澤社長のSNSは「金持ち自慢」なのだろうか?

 前澤社長というのは、以前からSNSで自身の派手な私生活を公開することで、何かと批判されることが多かった。

「金持ち自慢」という部分で嫌悪感、嫉妬などを買ってしまうのは、ある意味、常識レベルをはるかに超えた金の使い方だけに、仕方のないことなのかもしれないが、それに関してはちょっと気の毒に思うこともあった。(^^;

だって、レベルはぜんぜん違うけど、ブログで自分の愛車を披露してる(我がブログもその1つ)行為もまた、見る人によってはただの自慢ブログでしかないわけで、それが超絶レベルまで行ったのが前澤社長のSNS、みたいなモンだろう。(^o^)

 そこでちょっと考えた。

私はクルマのブログをやっているが、これは別に自慢するためにやっているわけではない。

クルマブログを運営している人たちは大勢いるが、全員とは言わないまでも、皆さん別に自慢したくてやってるわけではないと思うのだ。

いや、自慢と言えば広い意味では自慢なのかもしれないが、単にクルマが好きだからクルマに関する自分の意見を発信したい、自分のクルマの気に入ってる部分について聞いてもらいたい、共感してもらいたい、そんな軽い気持ちだと思うのだ。

 ひょっとしたら前澤社長もそうなのかもしれない。

ただ、彼にとっての「普通」が、我々庶民の普通とかけ離れているから自慢のように感じるだけで、彼にしてみれば何気ない日常の出来事をSNSにアップしているだけに過ぎないのかもしれない。

それを我々が見聞きして、勝手に「金持ち自慢だ!」と思っているだけなのかもしれない。

 まぁそれは、貧乏人にとっては目障りでイラつかせる要因になるのだろうけど、逆に、「私も頑張ろう!」と、自身のモチベーションアップになるという人もいるんじゃないかと思うので、私としては彼の「金持ち自慢」を悪くは思いたくない。

ただちょっとスゴすぎて、金の使い方が雑なように感じてしまうので、もうちょっと上手い使い方があるんじゃないかなぁと思ってしまったりするのは確かだが。(^o^;

お金で人を釣る行為

 先述した通り、私は、先日話題になった「100人に100万円プレゼント」企画について、やり方が下品だと言った

それは、この企画が「お金で人を釣る行為」だと感じたからだ。

 100万円という金額は、多くの庶民にとっては大金である。

このお金が喉から手が出るほど欲しいと思う人は大勢いるだろう。

しかし、この100万円を手にしたいのであれば、前提条件として、前澤社長をフォローして、リツイートしなければならない

 つまり、フォロワーを増やし、リツイート数を増やしたい。

そのために、エサとして100万円をチラつかせて、

「ほれ、貧乏人諸君、このお金欲しくない?欲しいの?だったら俺のツイッターをフォローして、ツイートをリツイートしなよ。そうすればもらえるかもよ。(^o^)」

と。

 えっ?

前澤社長はそんな事は言ってないって?

分かってる、分かってるけど、言ってなくても、やってる行為そのものがそういう図式に見えてしまう気がしませんか? (^_^;

 だって、フォローするという行為は、その人やその人の意見などに興味があるからフォローするわけジャン。

リツイートだって、そのツイートに対して共感し、みんなにも知ってもらいたいと思うからリツイートするわけジャン。

 つまり、フォロワーやリツイートというのは、自分や自分の考えに対して興味を持ってもらうことによって増える、つまり「自分が人の心を動かした」ことによって増えるものであるはずなのだ。
(だからこそ、フォロワーが増えたりリツイートされると、単純にうれしいと感じるわけだ)

 でも、100万円プレゼントの話は違うよね。

本来のフォロワーやリツイートの増え方とはぜんぜん要因が違う。

単にお金が欲しい奴らが、お金がもらえるかもしれないからフォローしてリツイートしてるだけだ

お金で人の心を動かして増えるフォロワー数やリツイート数に、何の意味があるのだろうか?

 それはやっぱり、お金を使って人を、人の心を釣ってることになるんじゃないだろうか?

だから私は、彼のしたことを下品だと言っているのだ。

これはもう、お金の使い道は自由だとか、金持ち自慢したって別に構わないとか、そういうのとは話が根本的に違い、人としてのモラルの問題なのである。

「誰も損してない」は本当か?

 でもいいジャン、誰も損してないし、楽しめたジャン。

前澤社長自身がそう思ってるなら、それはそれで別に構わない。

少なくとも、悪いことをしたわけじゃないしね。(^_^)

 ただ、あえて言うならば、100万円プレゼント企画で損をした人がいるとすれば、それは前澤社長であり、すなわちZOZOであると思うのだが・・・。(^_^;

 ZOZO離れの要因と100万円プレゼント企画は全く関係ないかもしれない。

ただ、もし私が、名の知れた一流ブランドの経営者だったら、こういう下品な行為をする社長が運営するショッピングサイトには、商品を置きたいとは思わないね。

なんか、自分のブランドの価値が下がる気がするから。(^_^;

ブランドってイメージ大切でしょ。

表立っては言わないけど、ZOZOに出品してるブランドの側からすれば、そういう気持ち、ゼロではないと思うのだが、、、実際どうだろうね。(^^;

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
  → 試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター けちゃ より:

    モラルと言われればまさにその通りです。

    それとは別にここで私はひとつ思うことがあります。
    よく人は「億万長者なら俺たちに10万でも100万でもいいからバラまいてくれたらいいのに」とか聞いたことありませんか?

    体現者だと思うんです、私は彼のこと。

    でも実際やると批判されるんですね。皮肉な世界です。

    タイムリーな話、昨日たまたま初めてゾゾ使って服注文しました。
    アウトレットの同じ商品より安くて満足です。私のような一客にとってはゾゾのイメージなど関係なく、目当てのブランドを安く買えるサイトという認識以外特別思い入れもありませんので最安サイトに結果的にたどり着いたまでです。

    個人的にはアリ派ですね

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      > よく人は「億万長者なら俺たちに10万でも100万でもいいからバラまいてくれたらいいのに」とか聞いたことありませんか?
      > 体現者だと思うんです、私は彼のこと。
      > でも実際やると批判されるんですね。皮肉な世界です。

      単に彼がお金を欲しがってる人にお金を配っただけなのであれば、彼は求められたことに応じただけなので、私は彼のしたことを下品とまでは言わなかったでしょう。
      (もちろん、何もせずタダでお金をもらおうとした側の人間に対しては、「みっともない、もうちょっとプライドを持てよ!」と言いたいですし、配った人間にも「それは相手のためにならないよ」と言いたいですが)

      でも今回の事は、ちょっと違うんです。

      彼は単にお金をバラまいたのではない。

      フォロワーを増やし、リツイート数をかせぐための手段として「カネ」をバラまいたのです。

      そこが「下品」なんです。ただそれだけです。

  2. アバター 匿名 より:

    この人は生理的に無理でして、以前にも送料を取る取らないの話で、とても経営者とは思えない下衆いツイートして炎上してましたけど、ほんとビジネスマンとしての品性に欠けてるんですよ。

    そういう人って必ず自爆すると思うんですよね。今まさに他社でも脱退考えてるところいっぱいあるでしょうからそろそろラッシュが来るかなと。

    炎上ツイートの火消しの時みたいに急に出品料下げたりして(^ ^)