レクサス ES 新型発売も、書類選考で速攻落選・・・

 昨日(2018年10月24日)、新型レクサス ESがついに発売された。

世界ではお馴染みのモデルだが、ESが日本で発売されるのは今回が初めてとなる。

(参考)
●LEXUS、新型「ES」を発売
https://lexus.jp/pressrelease/news/20181024.html

 レクサス ESに関しては、私は以前から日本で発売されることを切望していた。

私の愛車候補の1つとして、有力な候補となり得るクルマだと思っていたからだ。

なので、今回日本で新型ESが発売されたこと自体は、非常に喜ばしいことには違いない。

しかし、当ブログの前身ブログである「辛口クルマ批評」でも記事に取り上げたのでご存知の方もおられるかもしれないが、今回の新型ESに関しては大きな不安要素があった

(参考)
レクサスESがヤバい!試乗予定に暗雲!

その不安が現実とならないことを願いつつ、新型ESの日本発売を待っていたわけだが、残念ながら不安は現実となってしまった。。。(-_-)

ムダにデカすぎる「レクサス ES」

 現実となった不安というのは、レクサス ESのボディサイズ

なんと全長が4975mmもある。。。(-_-;

 私の愛車候補になり得るのは全長が4950mm以下のクルマに限られるため、せっかく日本発売となった新型レクサス ESだが、残念ながら速攻で書類選考落ちが確定、私の愛車候補からは除外されることとなった。(-_-)

 まぁこんなこと言ってもどうしようもないのだが、なんでこんなにムダにデカくするのか?

レクサス ESはFFなので、そんなに全長を長くしなくても後席の広さは確保しやすい構造のはず。

実際、同じくFFの「カムリ」(全長4885mm)は、後席が非常に広い。

(参考)
【試乗記】 トヨタ カムリ G

それ以上の広さを求める層にはLSを勧めればいいではないか、と思ってしまう。

 ってゆーか、ESの全長を4975mmにまで伸ばしてしまったら、もはやLS級の広さに達してしまうのではないだろうか?(LSには乗ったことがないので、そこは想像でしかないが)

そうなると、本来ならレクサス LSを買ってくれそうな客が、

「ESのほうが半額で済むし、しかもLS級に広いから、ESでいいや。」

となってしまい、LSの需要をESが食ってしまわないだろうか?

 そもそもの生い立ちをたどれば、「レクサス ES」はカムリベースのクルマで、いわゆる「カムリの高級版」だったわけだし、今回の新型ESだってそう言っていいだろう。

カムリより格上であることを「見た目」でアピールするために、ボディサイズの拡大が必要だと考えたのだろうか?

そんなことしなくても、レクサスであれば装備とか質感とかで、十分にカムリとの差を見せ付けることができるはず。

購入者も、ムダにデカいボディサイズより、レクサスならではの「中身」に注目してくれると思うのだが・・・。(-_-;

新型レクサス ESに試乗する!

 前ブログ「辛口クルマ批評」の記事でも書いていた通り、新型レクサス ESに関しては、愛車候補にはなり得ないとしても、レンタカーを利用して試乗するつもりだ

まだレンタカー屋に新型ESは登場していないので何とも言えないが、ESを借りるとなると、短時間でもかなりの金額を支払うことになるだろう。

だが、それでも乗ってみたい。

それだけ興味深いクルマだから。

 これまでのESは、「乗り心地」重視のイメージが強かったが、新型ESでは「走り」もアピールされている

そして、その両立の難しい2つの要素を両立していることが、プレスリリースでは述べられており、それがどれほどのレベルの域で両立されているのか、実に興味深いところだ。

 また、「カムリの高級版」としての差別化にも興味があるし、「レクサス GS」の存在意義をも脅かすほどの走りなのかどうか?という点も気になる。

レクサス ESのチーフエンジニアは、GSの今後について「売り続ける」と言っておられるようだが、新型ESの評判しだいでは、GSの売れ行きにも影響が出ることは容易に想像がつく。

今はGSを売り続けるつもりでも、結果的には商業的な面で、ESがGSに引導を渡すことにならないとも限らないだろう。

 というわけで、残念ながら愛車候補には加えられないことが確定した新型レクサス ESだが、レンタカーで登場したら、なるべく早く予約を取って、じっくり試乗したいと思う。

その際は動画も撮る予定なので、新型レクサス ESに興味のある方はぜひご参考に。(^_^)

レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    サイズ云々よりも辛口さんには価格が無理じゃないですか。
    ベースグレードでも乗り出しは600万超えますよ。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      一応、込み込み700万円が私の設定している限界ラインです。
      なので、新型ESは価格的には許容範囲なんです。(^^;

      ただ、そこまでいくとかなりの全力ローンなだけに、クルマに求めるレベルもかなり高くはなりますけどね。(^^;

      ESは長年、私が日本導入を待ち望んでいたモデルなので、ボディサイズが許容範囲に収まればぜひ候補に加えたいと思っていたのですが。。。(-_-;

      4975mmって、もうほとんど、ちょっと前のLSのサイズですやん。
      そこまでデカくせんでもいいのに。(^o^;

  2. 匿名 より:

    動画投稿、楽しみにお待ちしております!!

  3. なの森 より:

    お久しぶりです。
    そういえば出たんですね、もう出さないと思っていたので意外でした。おそらく、先代で右ハンドル仕様が出たのが布石でしたか。
    2代目のウィンダムを親戚が乗ってて、それがけっこう好きでした。

    で、なんですが、あれなんですよ、今のESってカムリベースじゃないんですよ。
    辛口さんはプロナードというクルマ、ご存知ですよね。
    本来はアバロンとか言うのですが、今のESはそれがベースなんです。
    要はトヨタ最大にしてフラッグシップセダンをレクサス仕様にしているので、大きくなるのは仕方ないんです。
    プラットフォームこそ同じとはいえ、既に車体そのものがカムリより格上になってしまっているんですよね・・・

    そういえばレジェンドもこんな風に落選してましたし、昨今のEセグメントクラスのサイズ肥大の仕方が凄まじいなと改めて感じます。

  4. 匿名 より:

    こんばんは。

    レクサスES出たんですね。
    そういえば、中国に出張に行ったときに言われたことを思い出しました。

    日本の車は小さいのであんまり買う気にならないとのこと。
    諸事情はわからないですけど、海外向けと日本向けでいろいろ
    仕様とかを分けたりすると、面倒なのかなって少し思いました。

    試乗記楽しみにしてます。