意外!インプレッサのウェルカムライティングが!

 暗闇にただずむ我が愛車、インプレッサ G4

ご主人様が100均(ダイソー)から帰ってくるのをじっと待っている。(^o^)

 ところで、インプレッサには「ウェルカムライティング」という装備が標準装備されている。

まぁそんなに珍しい装備ではない。

どういう条件で、どこが、どんなふうに光るか、というのはメーカーや車種によりけりだが、私の知る限り、多くの車種がこの手の装備を標準装備している。

 しかし!

インプレッサのウェルカムライティングに、私は不覚にも驚いてしまった

今のところ、インプレッサの装備の中で私が最も驚いた装備が、この「ウェルカムライティング」だ。

今回の記事では、その驚きのウェルカムライティングの動作をご紹介しようと思う。

上級ウェルカムライティング!

 私が驚いたというインプレッサのウェルカムライティングの動作

その光る様子の動画を撮ったので、まずは動画を見て頂くとしよう。

 どう?驚いた? (^o^)

これ、ちょっとスゴくない?

私が思うに、とてもインプレッサのようなエントリーモデルと言っていい車格のクルマの装備とは思えない、上等な装備だ。

このウェルカムライティングのどこが上等なのか、以下で説明しよう。

 通常、インプレッサクラスのクルマに標準装備されるようなウェルカムライティングは、キーの解錠に連動して点灯するというのが多い。

つまり、リモコンキーのボタンを押して解錠するなど、人が何らかのアクションを起こしてキーを解錠することによって、ようやくクルマがウェルカム(歓迎)してくれるわけだ。(^o^)

 しかし、インプレッサのウェルカムライティングは違う

人が何も操作しなくても、キーレスアクセスのアクセスキーを持ってクルマに近づくだけで、ウェルカムライティングが自動的に点灯するのだ!

それって、ちょっと前なら高級車用の装備だよ。(^^;

いつの間にインプレッサみたいなエントリーモデルのクルマにまで、こんな上等なウェルカムライティングが装備されるようになってたのだろう。

「ウェルカムライティング」という装備が標準装備なのは買う前から把握していたが、まさかアクセスキーを持って近づくだけで点灯するとは予想もしてなかったので、まんまと驚かされてしまった。(^_^;

 まぁ本当に上等なクルマのウェルカムライティングになると、ドアミラーに仕込まれたライトが点灯したり、ドアハンドルに仕込まれたライトが点灯するなど、さらに上を行くウェルカムライティングだったりするわけだが、それはそれなりの価格のクルマの話。

そこまでではないにしても、インプレッサの価格帯で自動点灯のウェルカムライティングが標準装備なら、これは賞賛に値すると言っていいと思う。

1.6リッターモデルにも標準装備!?

 インプレッサの主要装備表を見ると、この「ウェルカムライティング」は1.6リッターモデルにも標準装備となっている。

下記の表は「インプレッサ G4」の主要装備表の一部抜粋だ。

画像をクリックすると拡大します

 これを見て、

「えっ!マジか!?」

と思ったね。

だって、主要装備表の全体を見ると、1.6リッターモデルはあちこちで細かく装備が省かれていて、明らかに廉価版的な装備内容になっているから。

それなのに、「ウェルカムライティングだけはこんな上等なウェルカムライティングが付いてるのか?」と。(^o^;

 ただ、装備表をよく見ると、1.6リッターモデルはキーレスアクセスがオプション扱いになっている。

キーレスアクセスのオプションを付けていない1.6リッターモデルの場合は、リモコンキーのボタンを押してドアを解錠した時にウェルカムライティングが点灯する。

クルマに近づいただけでは、自動で点灯してくれないのだ。

 まぁイマドキ、キーレスアクセスはほとんどの人が付けるだろうと思うのだが、キーレスアクセスのオプションを付けるかどうか迷っている人は、絶対に付けたほうがいい。

それはもちろん、キーレスアクセスのほうが圧倒的に便利であることは当然として、クルマに近づくだけでウェルカムライティングが点灯するかしないかの違いは、装備のプレミアム感という点でぜんぜん違う

侮れない最近のエントリーモデル

 今回は「ウェルカムライティング」という装備について取り上げたが、近年は他にもいろんな装備がエントリークラスの車種に採用されるようになってきている。

特に電装系の装備は、一昔前なら高級車にしか装備されなかったような装備が下位の車種にどんどん展開されているのが実情だ。

最もわかりやすい例で言えば、「電動パーキングブレーキ」などはその象徴的な装備だろう。

 とにかく、最近のエントリーモデルは侮れない。

装備もどんどん充実、そして高級化してきているし、走りに関しても新しいプラットフォームの採用や部品共通化などで、レベルが底上げされてきている。

 今まで高級車しか相手にしてなかった人も、ここらでちょっと下位モデルにも触れてみたり試乗してみたりすると、意外な発見があって面白いかもよ。

「何ぃ!
 こんな安いクルマがこんなにいいなんて!
 オイ!これでぜんぜん十分じゃないか!」

ってなるかもしれないので、いつも通り高級車を買ってもらおうともくろんでいる営業マンは、見せたがらないかもしれませんけどね。(^o^)

レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    どうでも良い機能ですね

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      興味のない人にとってはそうですけど、私はこういう「おもてなし系」の装備、けっこう好きなんですよね。(^o^)

      まぁ走りや安全性には全く関係ないので、どうでもいいと言えばどうでもいいんでしょうけど、贅沢装備と言うか付加価値的な装備というのは、大体そういうモンですよ。(^_^)

  2. 脳天ぱー より:

    匿名でわざわざ言わなくて良いよ

  3. より:

    輸入車にも似たような装備ありますよね〜。私はかなり好きです。
    ベンツだとポジショニングライトが一瞬青く光ってお洒落です。目立つから嫌いって人もいますw国産車だとスバル以外あるんですかねー?

  4. しゅう より:

    はじめまして。
    いつも参考にさせていただいています。
    私もインプレッサスポーツに乗っていますが、
    値段の割に楽しい車だなと思っています。
    ところでドライブレコーダーはどうされてますか?
    純正ですか?何か社外品でおすすめあれば教えてください。

  5. 2.0iSスポーツ乗り より:

    私もエントリークラスにこの機能が付いていたので驚きました。
    レヴォーグクラスになるとドアミラー下も点灯するようですね。
    ご存じだと思いますが点灯時間をディーラーで変更できます。
    取り敢えず初期設定の30秒点灯のままで楽しんでおります(笑)。

    実は納車されてから気付いた機能の一つにシャワーライトがあります。
    夜間走行中にシフトノブ辺りを青白く照らす小さなLEDがマップランプの間についてます。エンジン停止後もしばらく点灯していてお洒落です。
    僅かな光量なので存在に気付かないオーナーも結構いると思います(笑)。