新型ヤリスの実力を試す!試乗動画を公開!

 2020年2月に発売された、トヨタの新型ヤリス

その実力を試すべく、レンタカーを借りてきて試乗を敢行した。

 そう、

「不要不急の試乗シリーズ」第二弾で乗ったのは、

新型ヤリスでした! (^_^)

 新型ヤリスは発売のタイミングや価格帯が新型フィットとカブるため、よくライバル的な扱いをされているが、過去記事にも書いた通り、私としてはこの両者は全くセールスポイントが異なるクルマだと思っている。

 まぁ愛車候補としてはどちらも対象外ではあるのだが、あえてどちらかを選ぶとすれば、デザイン的にも走り的にも新型フィットよりはマシっぽい新型ヤリスかな、といったところ。

 それに、最近のトヨタ車と言えば「TNGAプラットフォーム」。

このプラットフォームが採用されてからというもの、トヨタ車の走りは以前より明確に良くなった。

そして今回の新型ヤリスには、そのTNGAのコンパクトカー向けプラットフォーム「GA-B」初採用されている

 新たなコンパクトカー向けTNGAプラットフォームをまとったトヨタのコンパクトカー。

その走りはどの程度のレベルなのか、これは一度確かめておきたい。

というわけで、今回、「不要不急の試乗シリーズ」第二弾として、試乗する対象に選ばせて頂いた。(^_^)

 しかし!

レンタカーを探してみたところ、トヨタレンタカーで見つかったものの、下記の2グレードしか見つからなかった。(-_-)

HYBRID X(ハイブリッド車の廉価グレード)
X 1.0L(1.0リッターガソリン車の廉価グレード)

 なんでこう、トヨタレンタカーは、いつもいつも保有するグレードがことごとくイケてないのだろう。。。(^o^;

コスパ考えたら1.5リッターのガソリン車が一番バランスいいんじゃないかと思っていたので、本当は1.5リッター車に乗りたかったのだが。。。(-_-)

 しかも、グレードはどちらも廉価グレードの「X」。

このクラスの売れ筋グレードの傾向なんて知らないけど、「X」なんか買う奴いるの? (^_^;

どうせなら「Z」に乗りたいし、せめてこのクルマにおける「標準」を試すという意味では少なくとも「G」を保有してもらいたい。

まぁでも、新型ヤリスの場合、「X」でも「G」でもタイヤサイズは同じだし、走りに関しては差はないはずなので、まぁ今回は良しとしよう。(-_-)

 ちなみに、今回の試乗ではハイブリッドのほう(HYBRID X)を選択した。

というのも、ガソリン車の廉価グレードに関しては、以前に「カローラ スポーツ」に乗った時にガッカリな評価になってしまったという過去がある。

私としても苦しい生活の中、なけなしのお金を使ってレンタカー試乗するからには、出来るだけ「ガッカリ」は避けたいのでね。(^^;

 というわけで、新型ヤリスのハイブリッド車、その走りはどうだったのか?

試乗記は今日中にはアップできる予定だが、まずは先行して試乗動画を公開する。

試乗車の概要

年式 2020年式
走行距離 55km
車名 ヤリス
グレード HYBRID X
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
装着タイヤ ブリヂストン
ECOPIA EP150(175/70R14)
型式 6AA-MXPH10-AHXNB
排気量 1.5リッター(自然吸気)
最高出力
(エンジン)
91ps/5500rpm
最大トルク
(エンジン)
12.2kgf・m/3800-4800rpm
最高出力
(モーター)
80ps
最大トルク
(モーター)
14.4kgf・m
全長 3940mm
全幅 1695mm
全高 1500mm
車両重量 1050kg
車両本体価格 199万8000円(税込)
試乗日 2020年5月3日

トヨタヤリスのすべて (モーターファン別冊)

関連記事

新型ヤリス試乗動画

定番試乗コース編

山道編

内装編

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター KANI より:

    まさかのヤリスっすか!狭そうで嫌ですけど(ロードスターの狭さはOK)借りて乗るには面白そうです

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      そう、ヤリスでした。(^_^)

      ホント、小さくても広いのが当たり前みたいになってる最近のクルマにしちゃあ、だいぶ思い切った「狭さ」ですよ。

      そういう意味では、一周回って、ある意味で新鮮です。

      なんせちょっと前に乗ったクルマがアホみたいに広かった後だから、余計にね。(^o^)

  2. アバター 匿名 より:

    1.0Lを選ばなくて正解だと思います・・・・
    多分キレッキレ(悪い意味で)な試乗記になるのは目に見えてるので(笑

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      ですよね。(^o^;

      まぁ実際には乗ってみないと分かりませんが、私もそんな気がしたので、今回はより安全策をとってハイブリッドのほうにしました。(^^;

      せっかくお金使って乗るんだから、出来るだけ「ハズレ」は引きたくないですからね。(^o^;

  3. アバター 匿名 より:

    これのXとかミライースのDみたいな何もついていないのは4ナンバーでも問題のない業種向けの社用車です

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      ホントですよね。

      「X」の装備や質感のケチり方はかなりのモンですよね。

      私も正直、これは営業車用だろうと思ったのですが、なんと下には下がいるもので、ヤリスの1.0リッターガソリン車には、「Bパッケージ」という、さらに装備をケチったグレードが存在しているので、恐らくそれが営業車用なのかな、と。(^o^;

      まぁでも、Xでも十分に営業車っぽいですけどね。(^^;