オートバックスでのオイル交換トラブル

 先日アップした記事の中で、

「私がオートバックソ、、、
 失礼、オートバックスの整備と決別したのも、
 セドリックのオイル交換でトラブったのが
 きっかけだったなぁ。」

と書いたところ、

一体どのようなトラブルがあったのか?

といったご質問を個人的に頂いた。(^o^)

 言われてみれば、オートバックソ、失礼、オートバックスでオイル交換した際のトラブルの話は、私がセドリックに乗っていた頃の話であり、当時はまだブログも書いてなかった。

なので、私の経験としては大きな出来事だったのだが、恐らく記事として書いたことはないと思う。(^^;
(ひょっとしたらかなり前にコメントの返信か何かで触れたことがあったかもしれないが)

 というわけで、今回の記事では、私が実際に体験したオートバックスでのオイル交換トラブルについてお話ししようと思う。

 ただし!

 最初にこれだけは言っておく。

私は決して、オートバックスの営業を妨害したいのではない。

以下の話は、ただ私が経験したことをありのままに書き綴っただけである、ということだけはお忘れなく。(-_-)

1.欠陥!?愛車セドリックの直噴VQエンジン

 2002年~2005年の時期、我が愛車だった最終型の日産セドリック(Y34)。

 しかしこのセドリック、新車で購入したにもかかわらず、納車されてから1年も経たないうちに、やたらとノッキングするようになった。(-_-;

 ノッキング、つまり、加速させる際にアクセルを踏み増しした瞬間に、ガラガラガラ・・・という音がするのだ。

 ディーラーで調べてもらったところ、

「スパークプラグにカーボンが溜まってました。
 直噴エンジンなんで、カーボン溜まりやすいんです。

 特に街乗り中心だと
 あまり回転数を上げることがないので、
 カーボンが飛ばないんで溜まりやすいですね。

 洗浄効果のある添加剤を入れてみますか?」

とのこと。

 で、ガソリンに入れる添加剤を入れてもらったのだが、一向に改善する様子がない。(-_-)

 当時、私は伊丹方面までクルマ通勤していたのだが、帰りは毎日深夜だったこともあり、あまり公然と言えない速度で走ってたので、決して街乗りでくすぶらせてばかりいたわけではない。(^^;

にもかかわらず、すぐプラグにカーボンがカブってしまうのだ。

 なので私は、半年~1年ぐらいのサイクルで、頻繁にスパークプラグを交換していた

言うまでもないが、V6エンジンだったので毎回6本交換だ、なかなか懐が痛い。(^_^;

もちろん、スパークプラグの寿命はもっと長いが、交換しない限りノッキングが収まらないのだから、仕方がなかったのだ。(-_-)

 日産は認めないだろうけど、私はあの型のVQエンジン(VQ25DD)は、欠陥エンジンだったと思っている。

あんなすぐにプラグにカーボン溜まってるようじゃ、話にならないよ。(-_-)

2.出来るだけエンジンをスムーズに回すために

 スパークプラグを交換した直後は、その効果がメチャクチャ分かりやすかった。

アクセルの踏み込みに対してレスポンスよくエンジンが回り、加速もスムーズ。(^_^)

 逆に言うと、スパークプラグ交換前は、かなりヒドい状態になっていたということだ。

 スパークプラグを交換後、また徐々にカーボンがカブっていく。

それに伴い、徐々にレスポンスが悪くなり、加速がモタつくようになってくる。

しだいにガラガラと鳴り始める、またスパークプラグを交換する、その繰り返し。

 そうなることは避けられないのだが、せめて少しでも好フィーリングを長続きさせるために、エンジンをなるべくスムーズに回してやろうと考えていた。

 そこで、エンジンオイルをいろいろ試してみることにしたのだ。

3.オートバックスでオイル交換!

 当時の私は、

「純正以外のエンジンオイルは、ガソリンスタンドやオートバックス等で入れるものだ。」

と思っていたため、いろいろなエンジンオイルを試す際、オートバックスを利用することにした。

 無事(?)にオートバックスでのオイル交換作業が終わり、帰りの道を走り始めた。

 しかし、期待とは異なり、エンジンの回転フィールは重苦しく、むしろオイル交換前よりもフィーリングが悪化してしまった

「ちっ!このオイル、ハズレやな。
 100kmぐらい走ったらすぐに違うオイルに交換しよ。」

そう思いながら、金のムダ使いに終わってしまったオイル交換に気分を悪くしながら走っていた。

4.セドリック、ド派手に黒煙を吹く!

 その瞬間は突然訪れた。

時々エンジンをブン回さないと余計にカーボンが溜まりやすいということで、機をみては時々エンジンを高回転まで回すのが習慣となっていた私は、前走車がいなくなったところでアクセルを踏み込んだ

 すると、、、

ダル重いフィーリングで鈍く加速したと同時に、何かいつもと違うエンジン音がしたなぁと思って、ルームミラーを見ると、

後方が全く見えなくなるぐらいの黒煙が漂っているではないか! (*o*)

 あん時はビックリしたよ!

だって、リヤウィンドウから見える範囲が、完全に黒煙で覆われて後続車が全く見えなくなるぐらい、真っ黒だったのだから。

 その後、普通にアクセルを踏んでる限りでは、黒煙は吹かなかったのだが、たとえ一瞬だったとしても、あの黒煙の吹き方はどう見ても普通の状態じゃないと確信した。(-_-)

5.ディーラーに見てもらったら・・・

 黒煙を吹いた後、すぐに私はディーラーに電話をした。

すぐに見てくれるというので、そのままディーラーへと直行。

担当者に状況を説明し、さっそく状態を見てもらったら、、、

「オイルが規定量よりもかなり多く入ってます。
 黒煙を吹いたのは、オイル上がりで
 オイルが燃えたためだと思います。」

とのこと。

 フィーリングが重苦しかったのは、オイルが入り過ぎているためにエンジンのクランクがオイルを叩くからだ、という話だった。

 まだオイル交換したばかりだったため、適量になるまでオイルを抜いてもらうだけで症状は改善したが、あのまま気付かずに走り続けていたら完全に故障していたかもしれない。

危うくオートバックスに愛車を壊されるところだった。(-_-)

6.オイル交換は絶対に正規ディーラーで!

 ディーラーの担当者は言ってくれた。

「純正以外のオイルを入れたいのであれば、
 持ち込んで頂いたら工賃は頂きますけど
 ウチで入れさせてもらいますよ。
 出来ればウチでやらせて下さい。」

と。

 それ以来、私はディーラー以外にはクルマは触らせないようにしている

 だって、オートバックスでメチャクチャなオイル交換作業をされて、それが原因でクルマが故障しても、オートバックスは責任取ってくれないでしょ。

オイル交換して、店を出る前に壊れたとか、店を出た所ですぐに壊れたとかなら、まだ交渉の余地もあるかもしれないが、走り始めてすぐに壊れるわけでもない。

何日かして壊れたとなった時、「オートバックスでの作業が故障の原因」と証明するのは難しい。

 ディーラーは作業に責任を持ってくれる。

作業後、何か問題が生じれば無償で対応してくれる。

実際、下記参考記事のようなことも過去にはあった。

 上記の参考記事をお読み頂ければ分かるように、ディーラーでも失敗することはある

だけど、その作業に責任を持って、その後の対応をちゃんとしてもらえるという安心感がある。

7.オートバックスには確実に素人がいる!

 今回ご紹介した、私が経験したオイル交換トラブル。

以上をお読みになって、どう思います? (^_^;

 私はこう思う。

「失敗のレベルが低すぎる!」

と。(-_-)

 クルマによって(エンジンによって)エンジンオイルの規定量が決まっていることぐらい、私のような素人でも知っていることだ。

確かに、私はオートバックスで5リットル(4リットル缶と1リットル缶)のオイルを購入し、「これを入れて下さい」とお願いしたよ。

でもそれは、4リットルでは規定量に足りないから5リットル買ってるのであって、5リットル入れてくれという意味ではない。

そんなことは言うまでもないことだ。

 でも、規定量も考えずに、入ったら入るだけ入れとるバカな作業員がおるんですよ、オートバックスには! (*`ロ´ノ)ノ

 分かってる、全員がそんな作業員ばかりではないことぐらい分かってる。

でも、そんな低レベルな作業員が混じってるという時点で論外すぎるだろう。

エンジンオイルを規定量も考えずに入れ過ぎるなんて、絶対に1人でも居てはいけないぐらい低レベルな話だ

 人手不足で、誰でも雇って誰にでも作業させてるんじゃないだろうか?

そうでなければ、そんな低レベルな奴が混じっている理由が他に見当たらない。

だって、

完全に素人ジャンか。(^_^;

8.愛車を大切に思うならば

 カー用品店としてのオートバックスの存在意義は認める。

だが、オイル交換をはじめとする整備作業を依頼するには、オートバックスは信用に値するレベルではない。

愛車を大切に思うならば、オートバックスにクルマを触らせてはいけない。

これが私が出した結論。

オートバックスの整備作業になど、工賃を払う価値はない。

いや、たとえ無料でも私は頼まない。

 今回ご紹介した、オートバックスでのオイル交換トラブルの話、信じる信じないは皆さんの自由。

信じた上で、それでもオートバックスを利用するのも、皆さんの自由だ。

 最後にひとこと。

愛車を大切に。(^_^)

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    オートバックスですか‥
    私の親は、故障したヘッドライトユニットの「交換工賃」として、ジャスト1万円を請求されたそうです。
    プラスドライバーで3箇所外すだけなので1分もかからない作業なのですが。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      まぁ工賃をぼったくられるぐらいなら全然いいじゃないですか。(^o^)

      壊されるのだけは勘弁です。(^o^;

  2. アバター 匿名 より:

    昔から言われてますよね。
    バックスとスタンドには車を触らせるな、って。
    素人に毛も生えてない実際の素人が作業してる場合がありますから。
    現在はどうかわかりませんが私は全く信用してません。
    自分でするほうが安心です。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      はい、今は私もスタンドとオートバックスにはクルマは触らせてません。
      洗車はスタンドと併設のエネオスDr.Driveにお願いしてますが、それだけです。

      ホント、あの一件で「素人が作業してる」ってことがはっきり分かりました。

      たぶん私以外にもオートバックスで愛車をメチャクチャにされてる客はいると思いますが、「ただ走ったらええだけ」の客はフィーリングの変化に気付かずに、とりあえず走ってるし問題ないという感じで走ってるんだろうなぁと推測します。(^^;

  3. アバター 匿名 より:

    オートバックスには私もいい思い出はないですね。
    足回りの交換をしたことがあるのですが、アラインメントがめちゃくちゃで、もう2度と行かないと決めました。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      それこそ「走ったらええ」だけの奴らは気付かないのでしょう。
      とにかく、まともな感性を持っていたら、オートバックスで愛車の整備なんて絶対に何年も続けられないだろうと思います。

      なんせ素人が混じってますから、何回か世話になったら、どこかでハズレ引きそうです。(^^;

  4. アバター 匿名 より:

    質に関しては仕方ないかもしれないですね
    人手不足は前提として車が好きで車関係の仕事就いてる人ばかりじゃないですからねぇ
    録に自社の車を、というか自分の取り扱う商品のことを知らない営業なんかも珍しくないですもん
    車という商品自体が実用性と趣味性が混ざった難しい物なのかもしれませんが

  5. アバター 匿名 より:

    やっぱりそうなんですね。
    私はどうも胡散臭くてこの手のショップに車は触らせたくないと思ってたのですがこれからも触らせないようにします。

  6. アバター 匿名 より:

    ウチはガソリンスタンドに買ったばかりの新車のエアコンガスを補充されそうになったことがあります。
    百歩譲って仮に本当にエアコンガスが抜けてるとすればそれは初期不良であって、ガスを補充すりゃすむ話ではない。ディーラーにクレームをつける案件だろう。
    まあ何にも考えずにマニュアル仕事で勧めただけなのだろうけど、いつもひいきにしてて店員とも顔なじみのスタンドでそんなことされるとは思わなかった。
    以来ガソリンスタンドでは一切整備はしてません。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      ガソリンスタンドはろくなことをしない率が高いですよね。

      まぁ最近は良くも悪くもセルフばかりになってしまって、そういうエピソードもなくなりつつありますが。(^_^;

      給油に行くたびに水抜き剤、水抜き剤って、俺のクルマどんだけ水たまるねん!って言いたくなるぐらい、やたら水抜き剤を入れたがるし。(^o^)
      それも今となっては懐かしい話です。

  7. アバター 匿名 より:

    以前はちょっとした車の整備が出来るディスカウント店でオイル交換をお願いしてました。
    交換後の帰宅中にオイルの焼けた臭いに気付き、停まって下を覗くとオイルがポタポタと漏れてました。運よくディーラーのそばだったので持ち込むと、オイルフィルターの取付けが甘かったそうです。
    それからは高いですがディーラーにてオイル交換を行うようにしております。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      帰宅中に気付くぐらいのペースでオイルが漏れているのであれば、作業完了後に気付くのが普通だと思うんですけどね。(^^;

      しかし、そこに気付かないあたりがまさに素人、いや、素人以下レベルとしか言いようがないですね。

      基本的な整備でも、その作業が完璧に行われなければ、たちまち不調・故障を発症することがある、それがクルマというものですから、命を預けて走る乗り物であるということを忘れずに、緊張感を持って作業してもらいたいものです。(-_-)

  8. アバター 名無し より:

    本項とは全く関係のない話なのですが…
    https://www.honda.co.jp/recall/auto/campaign/190726_KC28.html
    I-DCDハイブリッドシステムの不具合。
    昔、同じような内容をリコールで改修してませんでしたっけ?これ以上リコールで出せないから、無理矢理サービスキャンペーンで押し通している感じが…
    http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/report.html
    国交省の定めた、リコール等の定義ですが、これを見ると、サービスキャンペーンに値するのか…?リコールか改善対策が妥当なのではという感じです。
    それに、この問題、ソフトウェアの改修だけで治るのか疑問です。昔のリコール内容と不具合を見ると、本当の原因はハード側の設計段階又は製造段階と思ってしまいます。
    このDCT問題に対しては、どうせ素人には分かりっこないだろう。クレームが来たから、対策するふりして、適当にお茶を濁しておこう。という意図を私は感じてしまいます。
    確かに、IDCDはギミックとしてはかなり面白いものがあると思いますが、一般人が公道で乗るものを製造する側の態度として如何なものかと思うわけです。
    辛口さんはこの件について、なにか思うところはありますか?

    • アバター インプレッサスポスポスポーン より:

      本項とは全く関係のない話なのですが…で
      適当にお茶を濁して、ホンダとホンダのIDCDを批判しようという
      意図を私は感じてしまいます。それしか感じない。

      この名無しという人間のこのやり方とやり口、
      態度として如何なものかと思うわけです。

      • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

        辛口系おやじ(管理人)です。

        名無しさんが話題に出された不具合の話ですね。

        i-DCDの批判と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、まぁ実際にホンダの発表したサービスキャンペーンの内容を見てみると、私が名無しさんへの返信で書いた通り、批判されてもしょうがない面もあるように思います。

        問題となっている7速DCTはデビュー当初からいろいろありましたが、その頃からホンダが出すリコール内容には納得がいかなかったですし、今回もそうです。

        パワースイッチの操作により発進は可能とはいえ、パワースイッチは本来、発進を可能にするために操作するスイッチではありません。
        そんなものを操作しなくても、発進は問題なくできるべきであり、それがクルマとして求められる基本機能です。

        発進ができなくなるなどという重要な問題を、リコールではなくサービスキャンペーンで済まそうなどという姿勢では、批判されても仕方ありません。

        ホンダはこの7速DCTを、どうにか誤魔化しながら使い続けて当面を乗り切ろうとしているように感じます。
        いま製造されている7速DCTはどうか知りませんが、少なくともデビュー当初の7速DCTは、根本的に欠陥品だと私は思っているので。(^_^;

        (参考)
        フィット&ヴェゼルのリコール内容がヤバすぎる件

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      返信遅くなりすみません。(^^;

      ところで、ご紹介いただいたホンダの7速DCTに関するサービスキャンペーンの件。
      昔これと同じような内容のリコールがあったかどうかは、私の記憶する限りでは存じておりません。

      もっと根本的にヤバいとしか思えないリコールなら印象に残ってますが。(^o^;

      (参考)
      フィット&ヴェゼルのリコール内容がヤバすぎる件

      で、今回のサービスキャンペーンの内容について私が思うところですが、あくまでも私の中の基準で考えると、これはサービスキャンペーンではなくリコールとして対処すべき内容だと感じます。

      私としては、「直したほうがベターだけど、直さなくても大きな問題はないよ」というレベルがサービスキャンペーンだと思っています。

      ですが今回の件は、場合によっては発進できなくなるという、クルマとして致命的な状況に陥る可能性のある不具合ですから、これを放置することはできないレベルの話です。

      であれば、そこはリコールで扱うべきだと考えるのが普通だと思います。

      恐らくは「パワースイッチの操作により発進は可能」というところを逃げ道にしているのだろうと思いますが、非常に卑怯だと感じますね。

      だって、発進できなくなったときに、
      「あっ、発進できない!?よし、パワースイッチを押そう!」
      ってなります?
      ならないですよね。
      普通に考えてそのままパニックですよ。(^o^;

      ただ、現象に対する対処方法については、この件はソフトの改修で対応可能だと推測します。
      ギヤを噛み合わせるための制御は、ソフトでコントロールされているはずなので。

      でも、「自動変速機制御コンピューターのプログラムが不適切なため」というところは少し引っ掛かります。
      ホンダとしては不適切とは思わず、それで良いと思って確信的にそのようなプログラムにしていたはずです。(つまりバグとかではない)

      しかし、ハブが磨耗した時にはそのプログラムではうまく噛み合わなくなることが今さら分かったため、磨耗しても噛み合うように制御を変更する、ということだと思います。

      私が思うところは以上のような感じです。

      まぁ登場からいきなりリコールを連発したイメージの悪さもあるので、これ以上「リコール」を増やしたくないという心理が働いたのかもしれませんが、これをサービスキャンペーンで対応してしまうのは、おっしゃる通りいかがなものかと思いますね。(-_-)

  9. アバター BMW乗り より:

    私もこの手の店のピットには車を触らせたくないです。タイヤ交換のことですが、ずっとポテンザのRFTを履いていたので高くつくのは承知でしたが、ディーラーで交換するよりははるかに安いので、メーカー系の専門店舗で交換していました。作業がきちんとしているからです。ポテンザの硬さに飽きたのでPzeroに変えたくてやむを得ず黄色い看板の店舗で交換しました。乗り始めてなんと乗り心地の柔らかいことと感激しました。ところが首都高に乗ってからあまりに柔らか過ぎておかしくと思ったので作業内容を確認したら、車に貼ってある推奨空気圧にも足りないことがわかりました。さらにサイズが同じでもロードインデックスの高いタイヤだったので、換算したら推奨空気圧よりも10-20程度上げなければいけないにもかかわらず、推奨空気圧よりもさらに低い数字になっていました。
    あまりのいい加減さに呆れて、文句いう気もおこらず自分で空気圧を調整しなおしました。
    よくインチアップしたミニバンあたりがパンクで止まっているのを見かけますが、乗る方も売る方も無知なんだろうなと思いました。
    長文失礼しました。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      そりゃあ危ないところでしたね。
      特に高速道路では、タイヤの空気圧が適正であることは重要な事ですから、大事故にならなかったのは幸いでしたね。

      ただ、インチアップしたミニバンあたりがパンクで止まってるのは、タイヤの空気圧の問題以外の原因も多いのだろうと思います。

      アホみたいな輩が多いですからね、明らかに適正でないタイヤの履き方をしているクルマもよく見かけるので、肩べりや偏磨耗が激しかったりするのかもしれません。

      カネも無いのに見た目ばっかりにカネをかけて、任意保険にも入らず、消耗品が交換すべき状態になってもセコさMAXで、「まだイケる」などと言って乗り続ける。
      そのくせ、あおり運転でムチャな運転をして、クルマやタイヤに不要な負荷をかけるのが日課になっているため、すぐにパンクするんじゃないですかね。(^o^)

      まぁそこは私の独断と偏見による勝手なイメージですが、実際、明らかに変なタイヤを履いてる(履き方をしている)クルマの運転席を見ると、絶対まともじゃなさそうなツラをした奴が運転してます。(^o^)

      人を見かけで判断してはいけないとも言いますが、悪いけど、私は見かけで判断します。

      歳を取るごとに確信が深まっていきます。
      「ほとんどの場合、人は見た目通りやな」と。(^o^)

      • アバター 匿名 より:

        僕も経験上、人を見かけで判断してます。それで失敗したことはありませんね。その人間の中身は外見に強く反映されますね。不思議なもんです。

        政治家やタレントみたく、見た目が大事な方々は上手く外見を作ってるから判断難しいですが、、、