あけましておめでとうございます?

 あけまして

おめでとうございます。(^_^)

と言っていいのだろうか? (^_^;

 昨年(2020年)は、新年がスタートして間もなく新型コロナウイルスによる騒動もスタート。

その騒動も落ち着かないうちに、早くも1年が終わってしまった。

 そしてまた年が明け、

今日、2021年を迎えた。

しかし、、、

世間の状況はもちろん、私個人的にも、とても「あけましておめでとう!」などと笑顔で言えるような状況ではない。(-_-)

 そこで今回の記事では、昨年を振り返りながら(ほぼ愚痴に近いが)、クルマに関する話も交えて語らせて頂くと共に、今年の私の取り組みに関する予定や展望についてお伝えしようと思う。

1.昨年を振り返って

(1)年収160万円の衝撃

 昨年は1月15日付けで会社を退職し、夢の実現に向けて本格始動した節目の年だった。

しかし!

その直後に日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るい始めるという、まさかの最悪のタイミング!

緊急事態宣言によって目先の仕事もなくなり、大きなプロジェクトも大幅延期が決定するなど、収入を得る道をことごとく奪われた1年となってしまった。(-_-)

 緊急事態宣言が明けてからは、目先の仕事は戻ってきて、今は忙しい日々を過ごしている。

しかし、この仕事は正直ちっとも儲からない。(^_^;

というのも、一応「仕事」ではあるんだけど、「修行」を兼ねているというか、どちらかと言うと修行のほうがメインなので、お金は大してもらえないというか、もらえるだけでも有難いというような性質の仕事なのだ。(^^;

現在稼動しているのはその仕事のみ。

 そんな状況なので、

昨年の年収、

なんとたったの160万円

 言っとくけど、

これ、もちろん手取りとちゃうからね。(^^;

こっから税金やら年金やら健康保険やらを支払うわけで、しかも住民税は前年度の年収ベースで計算された額を払わないといけないので、とてつもなく悲惨だよ。

もうこれ、余裕で生活保護レベル以下じゃない? (^_^;

(2)新手のお笑い芸人が全然オモロない!

 近年、よく思うのだが、新たに出てくるお笑い芸人が、ことごとく面白くない。

例えば今年、いや、昨年なんかは、

やたらと「ぺこぱ」をよく見かけたものだが、

アイツらの何がオモロいのか、私には全く分からない

 松陰寺とかいう奴が変な動きをしてるだけで、言ってること自体は何一つオモロいことは言ってないように思うのだが、今はああいうのが「面白い」のだろうか? (-_-;

まぁあれだけテレビに出まくってるのだから、きっと世間からはそれなりに、「面白い」という評価を得ているのだろう。

この記事をお読みの方で、「ぺこぱ」の面白さについて説明できるという人がおられましたら、どこがどう面白いのか、コメントなりで教えて頂けるとありがたいです。(^^;

 他にも、大阪ではよく見かけるCMで、

関西電力「なっトクパック」のCMがある。

こんなやつ。
  ↓

 これ、ヒドくないですか? (^_^;

いや、ネタの一部をCMの尺に収まるよう切り取ってるにしても、とてもプロが考えるネタとは思えない。

百歩譲って、もしこのネタを作ったのがスポンサー側で、

「このネタの通りにやって下さい」

とお願いされたとしてもだよ、

お笑いのプロだったら、

「すみません、
 CMとはいえスベリたくないんで、(^o^;
 これはちょっと勘弁して下さい。
 僕らにネタ、書かせて下さい。」

と主張すべきだと思う。

それぐらい、超絶にヒドいネタだ。

CMの最後に、「フル漫才見てね!」などと言っているが、切り取りとはいえこんなオモロないものを見せられて、フル漫才など見る気もしないと思うのは私だけだろうか? (^_^;

 あと、フルで見たことはないのだが、たまたまテレビをつけたタイミングで、

「有吉の壁」

とかいう番組をやってるのを見かけたことがある。

これがまぁ、ホントにオモロない。。。(^_^;

有吉が歩き回ってる途中で芸人たちが次々と出現し、有吉を笑わせるべくネタを披露する。

それを見た有吉が、面白ければ「○」、面白くなければ「×」を出すという内容なのだが、有吉の笑いの壁が、なんとまぁ低いこと低いこと! (^o^;

でも、特番までやってるぐらいなんで、きっと世間的にはあれが面白いのだろう。

 えっ、

クルマと関係ないって?

うん、そうなんだけどね、

でも、ふと思ったのだ。

クルマに関しても、世間が良いと思うクルマ(売れているクルマ)と、私が良いと思うクルマって、昔に比べると随分とズレが生じてるよな、って。(^o^;

実はいろんな面で、私の感性は「古い」のかもしれない。

結局、時代の変化と共に、「面白いお笑い」の基準や方向性も、「良いクルマ」の基準や方向性も変化していて、私の感性は単にそれについていけてないだけなのかもしれない、ってね。(^^;

まぁだからと言って、時代に合わせようとはこれっぽっちも思ってないのだけどね。(^o^)

 というわけなので、

当ブログの試乗記をお読みになる際には、そういう「古い感性」の持ち主が書いた試乗記であることを、あらかじめご理解頂いたうえでお読み頂きたいと思う。(^_^)

(3)苦戦が続く日本車

 私の次期愛車候補。

外車勢に押されっぱなしの状況なので、昨年(2020年)は何とか日本車に頑張ってもらいたいと思っていた。

そんな思いの中、昨年は、

・マツダ MAZDA3(SKYACTIV-X)
・マツダ CX-30
・ホンダ アコード
・トヨタ ハリアー
・スバル レヴォーグ

といった日本車に試乗したものの、どれ1つとして総評4つ★を獲得することは出来なかった。(-_-)

 ちなみに、外車は、

・ボルボ S60
・プジョー 208

の2台にしか試乗していないが、その2台ともが総評4つ★を獲得!

フォルクスワーゲンのT-CrossとT-Rocなど、書類選考で落としたモデルも多々ある中で、書類選考を突破した2台が2台とも4つ★って、スゲェ高確率。。。(^_^;

 日本車の巻き返しに期待していたにもかかわらず、たった2つの外車によって、さらに外車優勢の状況が加速するという、期待とは真逆の結果となってしまったわけだ。(-_-)

 外車ってね、いつも言ってるけど、なんかインパクトあるんだよね、いい意味でも悪い意味でも。(^_^;

つまり、

「こんなの、日本車だったら絶対このまま出さないだろう。(^^; 」

と思うような変な所があったりもするのだが、一方で、

「これは日本車には無い感触だよな!」

と思うような、突出したところや個性的なところがあったりしてね。

 それに対し日本車は、何となく全体的に「無難」にまとまってる感じがして、インパクトが弱めな傾向がある。

一言で言うと、

「尖らせるのがヘタ」

なんだよね。(^_^;

 もっと言うと、

外車の「尖ってる」部分は、比較的高いレベルで仕上がっている、と感じることが多い。

日本車の場合、どこを尖らせようとしたのか分からない、あるいは、尖らせようとした部分は分かるのだが、肝心の仕上げのレベルが低い、と感じることが多い。

そのへんが、外車が4つ★を高確率で獲る要因、日本車がなかなか4つ★を獲れない要因、なのだと思う。(-_-)

 さて、

次なる日本車の新型は4つ★を獲れるだろうか?

 次は何が来るかな?

ホンダのヴェゼルあたりがそろそろか?

まずは書類選考を突破してくれるかどうか、そこから心配だが。(^^;

(4)プライベートも良いこと無し!

 終わり良ければ全て良し。

そんな都合のいい言葉がこの国にはある。(^o^)

 というわけで、

色々とろくな事がなかった2020年だが、私のプライベートにおける年末の恒例行事

・賭けボウリング大会
・忘年会(焼肉食べ放題のお店にて)
・有馬記念予想(もちろん馬券も買う)

これらがいい感じで締めくくれたら良しとして、明るい気持ちで新年を迎えようと、こういうわけだ。(^_^)

 しかし!

これまた全て悲惨な結末ときた。。。(-_-;

・賭けボウリングで超ローゲーム炸裂!

 年2回、お盆と年末に開催される、友人たちとの賭けボウリング大会。

ちなみに私はほぼ負けないので、勝つか負けるかの問題ではない。

どれだけ圧勝して稼げるか、そこが重要。

なぜなら、

金も無いのにボウリング代なんか払ってる場合じゃないし、ボウリング終了後に開催される忘年会の会費なども、自腹を切ってる場合ではないからだ。(^o^;

 しかし、、、

結果は「チョイ勝ち」で、ボウリング代すらカバーできないという結末。。。(-_-;

 まぁ仕方ない。

今回はあまりにも私のスコアが悪すぎた。

7ゲームのアベレージが168。

なんせ4ゲーム目に「136」という超ローゲームを炸裂させてしまったからなぁ、、、あれが痛かった。(-_-;

勝利ラインが大体アベ170なので、チョイ勝ちとはいえ、アベ168で負けなかっただけでも、まだ運が良かったと考えることにしよう。(-_-)

アベ185ぐらいあれば、多分その後の忘年会(焼肉食べ放題)の代金もカバーできたと思うのだが、ほど遠かった。(^^;

 えっ?

賭けボウリングなんかやったら違法だろうって?

まぁいいじゃない、なんせ元検事長でさえ賭け麻雀やってたんだし、普通みんなやってるよ。(^o^)

 金額にしたってさ、私にとってはデカくても、世間一般にとってはショボい額だよ。

いちいちお堅いことは言いっこ無しでお願いしますよ。(^^)

それにさ、そもそもなんだけど、賭けないでボウリングする意味って、ある? (^o^)

・忘年会で異物がノドに刺さる

 賭けボウリング終了後、じゅうじゅうカルビ中百舌鳥店に移動し、

焼肉食べ放題忘年会がスタート。(^_^)

 みんなの近況報告やこれからの事など、仕事もお金も余裕のある勝ち組の友人たちの話を聞きながら、私一人だけが悲惨な話を披露してオチをつけるという、楽しい(?)会話で会は大いに盛り上がった。(^^;

そして、

会も終盤に差し掛かった頃、、、

痛い!

ノドが痛い! (*o*)

何か刺さってるのは間違いないが、別に魚なんか食ってねーし、何が刺さってるのか全くの謎!

ご飯とか飲み込んでも全然取れない!

「なんてツイてないんだ、、、
 今年の俺は。。。(-_-; 」

そう思わずにいられなかった。

 ちなみに今日で6日目だが、まだ痛い。

何か刺さってるという異物感は薄まったものの、その近辺がだんだん腫れてきてるので、単に痛い部分が広がってボヤけてるだけで、実はまだ刺さったままなのかもしれない。

何かを飲み込むのも痛くてツラいし、痛みが広がって耳まで痛くなってきた。。。(-_-;

恐らく、ノドの炎症からくる放散痛だろう。

年始1週間ほど様子見て、改善しないようなら、耳鼻咽喉科を受診しようと思う。

 まったく、

金も無いのにこんなことで余分な医療費、払ってる場合じゃねーんだよ!

頼むから自然に治ってくれーーー! (*o*)

 えっ?

会食は控えろと言われてるのに忘年会なんかするからバチが当たったんだ、って?

いやいや、会食ざんまいの政治家どもに比べたら、こんなモン、ほんのささやかな会食でんがな。(^o^;

5人だけやで、たったの5人!

総理大臣の8人会食より少ないし、別にええやろ? (^o^)

あっ、総理、ちなみにGOTOイート、今回の忘年会で滑り込みで使わせて頂きました

ごっつぁんです! (^o^)

・有馬記念で惨敗!

 というわけで、ここまでの年末恒例行事では、良くないことばかり。

こうなったら最後、有馬記念を的中させて、笑って2020年を締めくくるぜ!

と、意気込んで、

考え抜いて出した答えは、

・カレンブーケドール
・フィエールマン

この2頭を3連複の軸にする、

というもの。

 しかし結果は、、、

カレンブーケドール・・・5着
フィエールマン・・・3着

で、馬券全滅の惨敗。。。(-_-;

 カレンブーケドール、前走のジャパンカップの着順と出走馬の力関係から考えれば、ここは3着以内は堅いだろうと読んだのだが。。。(-_-)

2020年の神様は、最後まで私に運を授けては下さらなかったようだ。。。

2.今年の予定と展望

 良い時もあれば悪い時もある。

たまたま良いことが続くこともあれば、たまたま悪いことが続くこともある。

でも、なんだかんだで、長い目で見ればバランスがとれている、人生そういうモンだろう。

 恐ろしく運が悪かった2020年。

きっと2021年は、怖いくらい運の良い年になることだろう。

ってゆーか、

そう思わないとやってられない。(^o^;

 てなわけで、

今年の予定と展望について軽くお話しするとしよう。(^_^)

(1)クルマの買い替え予定

 現在の我が愛車「インプレッサ G4」は、今年の9月に初めての車検の時期を迎える

なので、

車検より前、まぁ遅くとも初夏あたりには乗り替えの検討をすることになる。

もちろん、乗り替えを決めるには、下記の通りいくつかのハードルをクリアする必要がある。

・現愛車インプレッサの買取価格は納得のいく価格か
・値引きも含めた込み込みの購入金額は妥当か
・納車の時期は遅すぎないか

・現愛車がいくらで売れるのか?

 まず第一のハードルは、今の愛車「インプレッサ G4」がいくらで売れるか、やね。(^o^)

 ご存知の方もおられるかと思うが、私はフルローンでクルマを購入している。

そのため、乗り替えの際にはローンの残債を消す必要があるのだ。 

クルマを売ったお金でローンの残債が全てチャラになるならそれに越したことはないが、3年で手放すとなると、普通はなかなかそうはいかない。

なので、

残債がどれくらい残るのか?

そこが乗り替えを決断するうえで、最も大きな判断材料となる。

 例えば、残債が10万円だったら、

「車検通しても10万円以上かかるんだから、
 だったらローンの残債を消すために
 10万円を突っ込んで乗り替えよう!」

となるけれど、

残債が50万円だったら、

「50万円払ってまで乗り替えたいとは思わんな。
 ここはひとまず車検通しとくか。」

という判断になるかもしれない、

みたいな感じ。(^o^)

 つまり、乗り替え実行のためには、

いかに高値でインプレッサを売るか、

そこが非常に重要なのだ。(^_^)

 そのために利用するのが、

毎度おなじみ一括査定。(^_^)

コイツを利用して出来るだけ高く売る

 ちなみに、

残債がどれくらいだったら乗り替えようと思うかは、買い替え候補のクルマにどれだけ魅力(内容、購入条件など)があるかによっても変わってくるので、一概にはいくらだったら乗り替えるとは言えない。

あくまでも乗り替えは、各条件を総合的に判断して決めることになる。

・乗り替え候補車の諸々の条件

 そしてもうひとつ、次の愛車となるクルマの商談が、納得のいく支払額で決着するかどうか。

なんせ候補はいくつかあるわけだから、商談を進める中で、条件の良いものと悪いものが出てくる。

その条件とそれぞれのクルマの内容を照らして、最も総合的な条件が良いものを選ぶことになる。

・納期の問題

 もちろん、納車の時期も大事だ。

まぁ基本2か月以内かな。

3か月までだったら、他の条件しだいでは考える。

3か月超えたらナシだな。(^o^;

 なので、

納期の問題を考えると、ちょっと不安あるよね。

なぜなら、

今のところ候補車が外車ばかりだから。(^_^;

 外車はタイミングしだい(在庫状況や改良予定など)で実売価格が大幅に変わったり、納期が長すぎたりなど、なかなか日本車と同じようにはいかない面がある。

そういう意味でも、日本車からも次期愛車候補が誕生してもらいたいんだけどね。(^^;

(2)仕事は?収入は?

 昨年の年収160万円、そんな収入でクルマを買い替えられるのか?

まず誰もがそう思うよね。

私もそう思う。(^o^)

 まず仕事だが、今やっている「修行を兼ねた儲からない仕事」以外に、

春からスタート予定の仕事、その準備を並行して進めている

が、、、

新型コロナウイルスの感染急拡大により、またしても雲行きが怪しくなってきた。。。(-_-;

ワクチン接種の進行と効果の状況がどうなるかにもよると思うが、今後の感染拡大の状況によっては計画が延期になるかもしれないのだ。

もし再び緊急事態宣言が出るようなことになったら、もう完全にアウト、お手上げやね。(-_-)

 それ以外にも、一番まとまった金になるプロジェクトも、再延期の可能性が出てきたし、今の状況からすると延期は免れても規模が縮小になるかもしれない。(-_-)

 とにかく、

もっと経済が回ってくれないと、計画がどんどん後ろにズレていく。

こっちがいくら準備したところで、仕事の相手が動けなければ仕事が進まないのだ。(-_-)

このままではクルマの乗り替えどころか、日々の赤字を補填し続けるのも、じきに限界に達する。

 まぁそんな感じなので、あまり明るい展望もない。(^^;

とりあえず2月末まで予定通りに計画を進めてゆき、その時点の状況しだいでは方向転換も視野に入れる

でも、まだ望みが消えたわけではないので、諦めず頑張ろうと思う。

夏までに何とかしないとね。(^_^;

(3)レンタカー試乗について

 この記事をここまで読んでこられた皆さんは、

「こんな火の車の状況なのに、
 レンタカー試乗の話とか、
 コイツ頭オカシイのか!?」

と思っているだろう。(^o^;

まぁあえて否定はしない。(^o^)

しかし、

この異常なまでのアグレッシブさが、私が私という人間であり続けるためには必要なのだ。(^o^)

ってゆーか、

こういうのを楽しむぐらいでないと、そもそも精神がもたないんだよね。(^^;

 というわけで、

春からスタート予定(怪しいけど)の仕事が始まるまでに、また愛車候補とは無縁のクルマを借りて乗ってみようと思っている。(^_^)

さて、次は何に乗ろうかな。(^^)

(4)ブログの今後について

 相変わらず更新頻度がなかなか上げられない状況ではあるが、基本、私が死なない限りブログは続けていくつもりだ。

いや、書きたいネタは日々発生しているので、出来ればもっと更新を増やしたいとは常々思っている。(^^;

「この様子だとブログ更新どころじゃなくなって、ブログが消滅するんじゃないか?」

などと心配されている方がおられたら、そこはどうぞご安心頂きたい。(^_^)

 えっ?

誰もこんなクソブログの心配なんかしてないって?

ですよね、

こりゃどうも、失礼しました。(^o^;

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター ししとー より:

    ブログ続けて欲しいです。
    賭けボーリング、会食等はスルーしますが…

    辛口様の試乗記はとても詳細で忖度無しなので参考になります。
    実際に私が試乗したクルマも結構あり、同様に感じることもあれば、そうかなぁ?
    ということもあり、実に面白いです。

    ヴェゼルは恐らくダメでしょうね。良い所は広いことぐらいなのでは?
    星2つ、良くても3つ。書類選考で落とされる可能性も…

    ホンダは期待できそうにありません。数年前にシビックに試乗してガッカリしました。
    さらに前に試乗したジェイドハイブリッドはなかなか良かったですが…
    でも、先入観から視界や選択肢を狭めるのは良くないですね。

    お仕事が軌道に乗ることを願っております!

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      早々のコメント、ありがとうございます。(^_^)

      私の試乗記を、良い距離感で参考にして頂いているようで、うれしく思います。(^_^)

      あんまり盲目的に試乗記の内容をそのまま信じてしまうのも、それはそれで危険というか、「あれ?こんなはずじゃなかったのに・・・」ということになりかねないと思うんですよね。

      それぞれの項目において、「こだわりの強さ」が人それぞれ違いますし、感性のレベルや方向性も違いますから。

      その点、同様に感じる部分と「そうかなぁ?」と感じる部分があるというのは、ある意味「当然」であり、健全とも言えます。(^o^)

       

      ヴェゼルは、、、どうでしょうね。(^^;

      ただ、もうあの諸悪の根源だったあの欠陥ハイブリッドのi-DCDをあきらめたことで、そこは期待できる、というか、少なくともプラスに考えられる部分だと思っています。(^o^)

      (参考)
      ホンダが欠陥ハイブリッドをしれっと廃止へ

       

      仕事は、なかなか暗雲が晴れない状況が続いていますが、何とか生き延びたいと思います。(^o^;

  2. アバター 匿名 より:

    好きな人には申し訳ないですが…
    有吉の壁とか第7世代、あるいは鬼滅の刃とか…
    中身空っぽの一昔前なら話題になるはずのなかったモンが流行るようになりましたね
    SNSの普及以後、教養レベルの低い人が増殖して中身のない代物の方がウケやすくなったような気がします
    コロナ対応も車もSNS世代に合わせた空っぽ化してますし
    困ったもんです

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      なるほどね。

      確かにSNSの普及で、今まではローカルな影響力しか持たなかった低レベルな人間たちが、全国の低レベルな人間たちとネットワークでつながることになりましたからね。(^_^;

      バイトテロとか迷惑系なんちゃらとか、時としてアホな行為が全国レベルで蔓延するという事態を引き起こしたりしますし、本当に困ったモンです。(^_^;

      まぁそれと関係があるのかないのかはともかくとして、何事においても「レベルが低くてもウケるから」といって、その状況に甘えた低レベルなコンテンツを乱発するのはやめてほしいと思います。

      クルマの新型車にも通じる話ですね。

      カタログ燃費が良いだけで人気車になるような状況に甘え、しょーもないクルマばっかりつくってるから、本質を高めることへの注力が弱まってしまった。

      そのことが、私の次期愛車選びにおいて「日本車劣勢」という、現在の結果を招いているのかもしれません。(-_-)

    • アバター 匿名 より:

      お笑いも車も映画やアニメも、好みは人それぞれなので、何を気に入ろうが気に入るまいが個人の勝手ですが・・・鬼滅の刃はご覧になりましたか?
      あれを観て中身空っぽとは、信じられません。
      観ていないのか、内容を理解できる頭もないのか、価値観固まってて、新しいものを受け入れられないのかは知りませんが、作品に関わった方たちに失礼ですよ。教養レベルが低いのはどっちですか?

      • アバター 上記コメントの者です より:

        自分は甥っ子のおもりで仕方なく観て、結果として中身の空っぽという感想を持ちました
        勿論、原作は一切知りません
        あくまでも個人の感想ですから、好きな人からしたら中身のある素晴らしい映画なのでしょうね
        大変失礼致しました
        謹んでお詫び申し上げます

  3. アバター 匿名 より:

    笑いとかは完全に多数決なので、私はもう芸人で笑うのは諦めてます。
    ケンカにしかならないので適当に周りに合わせてお茶を濁してます。
    吉本が東京に進出した頃から「ん?」となって、大学のコンパ芸みたいな若手芸人が湯水のごとく消費されるようになってからはもう完全についていけません。
    80年代の漫才ブームには普通に乗っていたので別に吉本が嫌いというわけではないし、高級な笑いしか認められないわけでもないですが、やっぱり自分が古いんでしょうね。
    レヴォーグは期待していただけに残念です。
    (すごくいい車だとは思います。今すぐ乗り換えようという気にならないだけで)
    ヴェゼルは全く期待していません。(ホンダの基本姿勢が変わらないと…)
    買ったことがないのでサポート等の面で不安はありますが、300万以上出すならもう外車がいいんでしょうか。
    300~400万程度だとVW、プジョーあたりをターゲットにしていい感じでしょうか。
    BMWの中古にもちょっと興味があります。
    私は資格職なので仕事も給料も基本的には転職しないとなかなか変わりませんが、昨年転職したら運悪くコロナと被ってしまい給料が下がってしまいました。
    お互い厳しい状況ですが、今年も更新楽しみにしています。
    車以外のネタでも全然OKです。(貧乏飯シリーズとか面白かったです)

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      お笑いは流行り廃りが激しいのでそのペースについていけてないだけ、というか、こっち(自分)の感性は歩みを止めてるんでしょうね。(^_^;

      でも、なんだかんだ言っても、私が「根本的にオモロない」と思う芸人は、一時は売れても、のちにほとんど消えてますけどね。(^o^)

      なので、「ぺこぱ」は消えますね、ほぼ確実に。

      あのレベルで芸人としてやっていけるなら、芸人の世界は私が思ってる以上に超チョロい世界だと思います。

      でも、実際そんな甘い世界じゃないはずなんでね、消えるしかないでしょう、あのスキルでは。(^o^)

       
      ヴェゼル、期待薄ですか。

      初代はヒドかったですからね。(^_^;

      欠陥ハイブリッド(i-DCD)を誤魔化しながら使ってましたが、そこが変わるというので、私は少し期待してるんですがね。(^^;

       
      そう言えば、

      私は初代ヴェゼルの発売当初から、i-DCDを構成する7速DCT絡みのリコールに関して、対策の内容がおかしい、誤魔化しだといった旨の記事をブログに書いていました。

      (参考)
      フィット&ヴェゼルのリコール内容がヤバすぎる件(2014/02/14)
      フィット&ヴェゼル、またしてもリコール!(2014/07/10)
      ホンダが欠陥ハイブリッドをしれっと廃止へ(2019/08/26)

       
      私の批判をよそに、その後ヴェゼルは売れまくりました。

      でも、結局その問題だったi-DCDは、たった一代限りで消え行く運命。(-_-)

      根本的に良くないモノは、一時の流行りで売れたとしても、残れないのです。

      お笑い芸人も、そうじゃないですかね。(^_^)

      世間の流行りに敏感な人たちにも、もっと「本質」をよく見てほしいなと思います。

      よく見ずに流されてばかりいる奴が多いから、しょーもないフィッシング詐欺のメールとかリンクに騙される奴が多いんじゃないですかね? (^o^)

      ニュースでよく、「手口が巧妙化している」などといって、どんな手口かを説明してたりしますが、何度聞いてもアホでも詐欺と分かるようなレベルで、

      「こんなのに騙されるとか、どんだけバカばっかりなんだよ。(^_^; 」

      としか思えない話ばっかりですしね。(^^;

       

      300万以上出すなら外車がいいか、という話ですが、そこは人によってこだわる部分が異なるので、やっぱり実際に試乗してみてどう感じるかというところに尽きるかと思います。

      最初から「外車」という枠に絞ってしまうと、それはそれでもったいないというか、逆に「良い出会い」との機会を自ら減らしてしまうことにもなりかねないですし、「日本車も視野に入れつつ外車にも選択肢を広げる」というスタンスのほうがいいと思います。

      フォルクスワーゲン、プジョーあたりは、外車の中ではリーズナブルだと思いますので、デザイン的に気に入ったものがあればぜひ試乗されてみることをオススメします。(^_^)

      BMWの中古もアリですが、保証は最低2年はほしいですね。

      なんせBMWは、どこかが壊れたら恐ろしく修理代が高いので。(^_^;

       
      ところで、昨年転職されてコロナ騒動、ですか。

      それもまた、私に負けず劣らずの運の悪さですね。(^o^;

      でもまぁ、正社員でいらっしゃるのでしたら、いくらか私よりはマシだろうとは思いますが。(^^;

       
      まぁブログのほうは、更新頻度は変動しながらになるとは思いますが、厳しい状況の中でも続けていきます。

      もちろん、時にはクルマ以外のネタも随所に登場すると思いますが、たとえブーイングを受けても「我が道を行く」的な感じで運営していきますので、今後ともよろしくお願いします。(^_^)

      • アバター 匿名 より:

        詳細な返信ありがとうございます。
        ヴェゼルはキャラが中途半端なんですよね。
        以前酷評されたハリアーの辛口評価がそっくり当てはまると思います。
        (引き合いに出すのはさすがにハリアーに失礼ではありますが…)
        ちょっとイイ感じのルックス以外の特徴が見当たらない。
        TNGAやSGPくらいの革新がないと期待できないし、革新したとしても今の生活車メーカーのホンダにプレミアムな仕上がりは期待しにくいです。
        こだわる部分ですが、先代のレヴォーグがキャラ変せず正常進化していれば自分としては完璧でした。
        なのでレヴォーグについては実に「惜しい」ところなのです。
        追加モデルに期待したいのですが、フォレスターにSPORTが追加されたものの、2.5Lが廃止でよりによってe-BOXERに置き換えられるという流れに不安を感じています。
        なお私は確かに正社員ですからさすがに160万よりはありますが、そこそこの企業の新入社員には負けていると思います。
        峠の観光地に行くとたまにフェラーリとかの集団が爆音で集会してるのを見かけますが、彼らは何の商売でそんなに儲けてるんでしょうね…。

  4. アバター トヨタだけ より:

    あけましておめでとうございます。

    昨年に続き、今年もトヨタが自動車業界を独占する年となりますが
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      ホント、とりあえず国内は完全にトヨタワールドに近いですよね。(^_^;

      他のメーカーはトヨタとの協業で、未来の明るい開発に対してコストを集中しながら、独自の魅力を磨き、競争力を維持してもらいたいです。

      もはや戦いは世界との戦いであり、トヨタは敵ではないですからね。

      ってゆーか、トヨタから見れば、もはや国内のどのメーカーも「相手にとって不足すぎる」でしょうし。(^o^;

  5. アバター 匿名 より:

    漫才見ましたが、勢いがあっていいと思いますがね。分かりやすい。

    上コメントでもありましたが、SNS時代って事で「分かりやすいインパクト」が求められているんだと自分は思います。
    少し前だとインスタ映えなんかもそうですが。

    辛口さんの評価する点は「走り」ですが、それは日常使用域では伝わりにくいし、「スーパーまで走ればいいやん」に明確な反論出来ないんですよ。
    逆に自動ブレーキや自動運転支援は映像でも分かりやすいし、〇〇でいいの代わりも見つけにくいです。

    別に感性は合わせなくても良いと思いますよ、35超えて価値観の修正は至難の業です。
    例えば野球界でも、古い価値観で話して叩かれてるおじさんよくいますが、あれで良いと思います。
    価値観は多様であるべきです。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      どうやら、世間様が「分かりやすい」と思うものが私には分からなくて、私が「分かりやすい」と思うものが世間様にとっては分かりにくいようです。(^o^;

       

      クルマに関して言えば、確かに、私がこだわる走りの良さというのは、「感じる」ものなので、目に見えないだけに分かりにくいですね。(^_^;

      まぁでも、おっしゃる通り価値観は多様でいいと思いますし、「どこがいいのか分からん」と思っても、それはそれで自然なこととしてサラッと流すのが「スマートなおっさん」の振る舞い、なのかもしれません。(^o^)

       

      商売をする側の人間としては、そういった世間の「分かりやすさを求める傾向」を上手く利用すれば儲かる、ということなのでしょう。

      私も世間の感性を理解し、儲けるべく頑張ります。(^_^)

  6. アバター 匿名 より:

    160万円は、ブログ収益ですか?

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      まさか。(^o^)

      こんな時々しか更新されないうえに、言いたい放題の不躾ブログで、そんな儲かるわけないじゃないですか。(^o^;

      よくブログで稼いでるとかいう人の話を聞きますけど、あんなモン、よっぽど時間割いて運営してるガチな商用ブログだけでしょう。

      こんな片手間ブログで生活費稼げるほど、世の中あまくないと思いますよ。(^o^;

  7. アバター ネルソン より:

    流行りが理解できないのは年をとったからですよ
    かくいう私はYouTuberの面白さが理解できないオッサンです

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      やっぱ歳だからなんでしょうね。(^_^;

      ちなみに「TikTok」も、何が楽しいのか全く理解できません。(^o^;

      YouTuberは、あの独特の「ノリ」がイラッときます。

      動画冒頭の挨拶といい、妙にトーンをアゲ気味の軽妙なトークといい、とにかく全体的に「チャラい」です。

      私、嫌いなんですよ、チャラい奴。(^o^)

  8. アバター 1インプレッサユーザー より:

    あけましておめでとうございます。
    いつもブログを楽しみに拝見しております。
    新型コロナウィルスの影響で大変な世の中ですが、その中で時間を割いての車の本質を突いた試乗記に毎回感服しています。

    私も新型レヴォーグ(stiスポーツ)に試乗しましたが、自身が所有する現行インプレッサとは次元の違う乗り味(ボディ剛性や静粛性・ターボの加速感)に感動を覚えたものの、コストパフォーマンスの観点から乗り換えに至らず車検を通しました。
     
    辛口様の車検が迫っていることから、次の愛車がどうなるかとても楽しみにしています。個人的にはインプレッサに乗り続けて欲しいですが、是非ともご自身が納得のいく車選びを貫いて頂きたいと思います。

    仕事はなるようにしかならない(必ず努力は報われる)と常日頃から思っていますので、収入のことは今はあまり気にせずに、これからもお体に気をつけてブログの更新を続けて下さい。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      私のわがまま運営の不躾ブログを楽しみにして頂き、大変恐縮でございます。(^_^;

       

      新型レヴォーグへの乗り替えを見送り、インプレッサの車検を通されたとのことで、私的にはその選択は正解だと思います。(^^)

      STIのドライブモードのオモチャは、たぶん最初は面白がって変えたりしますけど、そのうち全くイジらなくなると思いますよ。

      なんせ各モードの仕上げが雑というか、「中途半端かつ極端」というワケの分からない仕上げなんで、モードを変えても本質的な愉しみを得られないことに、じきに気付くと思いますから。(^^;

       

      私の次の愛車は、このままだと外車になる可能性が高くなってきましたが、その前にいよいよ本当に仕事の雲行きが怪しくなってきたので、そもそも夏までに金を用意できない可能性があります。(^o^;

      というのも、ヤフーニュースとか見ていると、ここへきてやたらと「緊急事態宣言を要請」みたいな話が大きくなってきているし、ニュースのコメント欄にはコロナキチガイどもの「早く緊急事態宣言を出せ!」的なコメントがあふれているので、また世論に押されてアホ総理が後先考えずアホな決断をするのではないかと、ヒヤヒヤしている今日この頃です。(-_-;

      とにかく、そんなことは私が気にしてもどうしようもないことなので、おっしゃるように「努力が報われる」ことを信じ、努力を続けるしかないと思っています。(^^;

  9. アバター ADSV より:

    昨年は本当に大変だったようですね。私の業界はコロナでも影響を受けにくい業界でしたので、前年比ほぼ横ばいで取り敢えずはというレベルですが切り抜けました。そう考えると恵まれているのかもしれません。
    今年は買い替え前国産最後の希望はヴェゼルということになりますか。他にも出てくるかもしれませんが。三菱のエクリプスの例もありますので(当時ディーラーの対応の悪さで没になったようですが)全く逆転の芽がない訳でもないかと。
    水を差すようで申し訳ありませんが、高評価は期待薄かなと思います。なぜならあの忌まわしいNが最近のホンダの基準だと思われますので。
    DCTはやめましたがホンダのお陰で国内でDCTそのものが悪様に言われるようになっておりますが、DCTやCVTはMTやATに比べても後発で量産化されたトランスミッションの為MTやATに比べ熟成・改良が進んでいないことは確かです。まだまだ改良の余地のある技術ですが、ホンダが下手な物を作ったため日本では殊更悪様に言われているのはあると思います。
    そのまま丸ごと捨ててしまうには勿体ない存在だと思っています。
    日本はモノづくりに於いて出遅れた技術、出し抜かれた技術に対しててはその技術そのものに対してネガな部分を殊更強調する悪癖がありますので私は自身で体験してそれを信じるようにしています。
    現にCVTだって問題を抱えていない訳ではありませんが、DCTほど悪様には言われてきませんでしたから。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      昨年は本当にヤバかったです。

      年収160万円で、自己破産せずにまだ粘ってるのが不思議なくらい、赤字垂れ流しの状態でしたから。(^o^;

       
      ヴェゼルはハイブリッドのシステムが変わるので、少し期待しています。

       
      それに、先日のCGTV(CG Awardの回)で新型フィットの走りが誉められてましたので、フィットベースのヴェゼルの走りにも多少は期待していいかなと。(^^)

      まぁCGTVの試乗評価と私の評価は必ずしも一致しないので、どうか分かりませんが。(^^;

       
      DCTに関しては、ただ単にホンダのi-DCDとの組み合わせでヘタこいたというだけなので、私はDCTというメカ構想そのものがダメだとは思っていません。

      ってゆーか、フィットごときで7速DCTを使おうとしたところに、そもそも無理があったのかなと思います。

      7速DCT自体が高コストですし、そもそも自社製ではないので開示されない技術情報もあるだろうし、そういう意味で細かい部分の仕上げが難しかったのかもしれません。

      ホンダは二輪車でDCTの実績があったので、「DCT」そのものについては熟知しているということで油断したんですかね? (^^;

       
      DCTは挙動を安定させるうえで技術的に難しい面もありますが、仕上げのレベル次第では好フィーリングな走りを実現できるトランスミッションだと思います。

      ただ、搭載するのであれば自社製じゃないと調整が難しいのかな、という気はします。

      無難さを求められ、しかも渋滞の多い交通事情を考えると、日本車では普及しないでしょうね。(^_^;

  10. アバター 匿名 より:

    辛口さんスイスポの試乗車はまだ見つかりませんか??

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      スイスポに関しては、すでに私のほうでレンタカーを探すのはあきらめています。

      手間かけて探しても、いつもぜんぜん見つからないので、時間がもったいなくてね。(^_^;

       

      過去に下記のコメント返信でも書いた通り、

      「大阪でスイフトスポーツのレンタカーを車種指定で借りられるレンタカー屋さんの情報」

      が寄せられた場合のみ、アクションを起こすことにします。

      (参考)
      https://karakuchikuruma.com/shijouki/peugeot/peugeot208-sijouki-2020/#comment-4170

       

      ちなみにディーラーにある試乗車には試乗しません。

      スイスポは私の「次期愛車候補の対象外」の車種ですので。(^^;

  11. アバター 匿名 より:

    前の会社に戻らないまでも、収入確保のため会社勤めする気はないのでしょうか?

    そろそろ関東方面に緊急事態宣言も発令されますし、世の中は自粛ムードに向かうと思います。

    低リスクな治療薬が出回るまでの間は、ずっとこの繰り返しですが、どれくらい耐え凌げるのですか?

    何が言いたいかというと、ローン王も審査に通らないとローン貧民だというコトです(>_<)
    試乗記も楽しみですが、辛口さんが身銭を切って買う車が何になるのかをもっと楽しみに待ってますよ。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      とりあえず現時点では、「収入確保のため会社勤めする気」は無いですね。(^^;

      ってゆーか、

      もしこっちが望んだところで、アラフィフのおっさんなんて早期退職してほしい対象の世代ですし、今さら需要ないでしょう。(^o^)

       

      どれくらい耐え凌げるかは私にも明確には分かりませんが、もし今年の収入も昨年と同様のレベルで推移するとしたら、せいぜい半年ぐらいしか持たないでしょうね。(^^;

      もちろん、そうならないようにあがいてはいますが、どうなることやら。(^o^;

       

      ローン王も会社員じゃなくなったので、確かにこのままでは審査がヤバいですよね。

      フルローンは難しいかも、ですね。

      あっ、

      ちなみに「ローン王」と「ローン貧民」は、ほぼ同じ意味です。(^o^;

       

      私は昔からあきらめが悪く、そこが短所でもあり長所でもあると思っています。

      そして私は、「物を買うために生きている」と言っても過言ではないくらい、物欲に支配されて生きています。

      私の生きる意味とは、「欲しい物を買うこと」に他なりません。

      つまらない人間だと思われるかもしれませんが、私が「生きる」という選択をしている限り、欲しい物(クルマ)を買うことをあきらめることはありません。

      ローン王の執念をお見せできるよう、この苦境を乗り越えて頑張りたいと思います。

      私の次期愛車が何になるか、楽しみに観察していて下さい。(^_^)

      • アバター イヴォーク より:

        辛口さん、カッコいいですね。辛口さんの生き様に勇気をもらいました。僕も精一杯あがこうと思います^ ^

  12. アバター 國王 より:

    snsの普及によりしょーもないコンテンツが爆発的な広がりを見せるようになりましたね。
    そんな若年層(実子や地域含む)とのコミュニケーション作りのために「仕方なく」情報を取り入れざるを得ない常識人もかなりの数が存在し(特に教育関係者)、そういった層の後押しが歴代記録に繋がるようです。
    私もその波に押されやむを得ず一人で例の映画を視聴してきました。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      > snsの普及によりしょーもないコンテンツが爆発的な広がりを見せるようになりましたね。

      そうですね。

      SNS自体が悪いわけではないし、もちろん全体としてはSNSの普及がもたらした恩恵のほうが大きいとは思っているのですが、以前は全国に点在していたバカがSNSでつながって互いにアホな悪影響を与え合う形となり、バカのバカさ加減がますます増長されてしまったことは残念なことだと思っています。(^o^)

       

      > 私もその波に押されやむを得ず一人で例の映画を視聴してきました。

      はいはい、鬼滅の刃ッスね。(^o^)

      言うまでもないですが、私は映画を観に行けるほどセレブではないので、観てないので何とも言えないのですが、それにしてもスゴい記録的ブームですよね。(^o^;

      ノーカットかどうかは分かりませんが、まぁそのうち地上波で放送されるだろうと思うので、その時は私も観てみようと思います。(^^)

      • アバター 名無し より:

        自分から観たくて観てる人はいいですが、仕事や家庭の事情で観たくないや興味のないものにお金出して関わるのは苦痛ですよね・・・。
        特大ヒット商品というもの、大抵そういう被害者がいらっしゃるような気がします。
        かく言う私も、妻子の要望で高くて糞なミニバンやN-BOX等を所有する羽目になり、苦痛な思いを味わいました・・・。

        あと、辛口さんは鬼滅を観ても感想をブログに書くのは止めた方がいいと思います。
        どっちに転んでも、炎上する予感しかしませんので。笑

        • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

          辛口系おやじ(管理人)です。

          そうですね、やはりそこは自分の趣向を貫こうと思うと、独身で居つづけないと無理ですよね。

          家庭があると、どうしても家庭中心になりますから。(^^;

          昭和の頑固オヤジみたいに結婚しても自分の好きなようにやってたら、今の時代はすぐに「離婚」、ですからね。(^o^;

          しかし、ミニバンにN-BOX、ですか。

          何でもかんでも嫁ハンや子供の意見を聞いて、尊重して、という日常生活だけでなく、運転手をさせられるクルマさえも自分の好きなのが買えないのですから、今のマイホームパパさんたちは本当に気の毒だと思います。(^^;

          まぁ私には結婚生活なんて絶対に無理ですね、自分のしたいようにしないと気が済まない性分なので。(^o^;

           

          鬼滅は、映画は観てないのですが、テレビアニメは深夜にやってた時期に何度か観てるんです。

          けど、最初から飛ばさずに最後までは観てないので、飛び飛びにしか観てないんですよね。(^^;

          まぁ感想はあえて書くのはやめておくことにします。(^_^)

          ちなみに、私は深夜にやってるアニメはわざわざ観てるのではなく、ただ気が付いたら勝手にアニメが始まってるというだけであり、鬼滅もそうやってたまたま見かけたアニメの1つだということ。

          ただ、ほとんどのアニメは、そうやってたまたま見かけても何の印象も残らないのですが、鬼滅に関しては印象に残っていました。

          だから急に流行り始めた時、「あぁ、あの深夜にやってたやつやんか。」と思いました。

          そういう意味では、他のアニメとは確かに一味違うインパクトがあったことだけは確かだと思います。(^^)

  13. アバター YUI より:

    個人的な興味ですが、是非ルノーにも乗ってもらいたいです。
    新型ルーテシアやメガーヌが辛口さん的にどんな感じか聞いてみたいです。

    あと、乗り換え対象外に乗ってみるということなら、新型ノートやロードスターに乗ってみてもらいたいです。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      新型ルーテシア、いいですねぇ、乗ってみたいです。(^_^)

      でも基本的にレンタカーに導入されにくいメーカー・車種ですし、導入されたとしても、発売時期から言って春までにレンタカーに登場するかどうかはビミョーな気がしますね。(^_^;

      メガーヌもなかなかレンタカーでは見かけない車種ですね。(^_^;

      新型ノートやロードスターなら普通にありますから、乗ろうと思えば可能です。

      まぁそれらも候補に入れつつ、他の車種もいろいろ検討したうえで、何に乗るか決めたいと思います。(^_^)

      • アバター 匿名 より:

        ルノーは愛車候補には入らないのですか?
        今までも試乗されていないようですし、何か理由があるのなら是非聞いてみたいです。

        • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

          辛口系おやじ(管理人)です。

          ルノーは、以前はデザインが好きではなくて、対象外になってました。

          でも、ふと気が付くと先代ルーテシアあたりから「いい感じやな」と感じるようになって、

          「ルーテシアの新型が出たら次期愛車候補の対象にしよう」

          と思ってました。

           

          なので、本来であれば新型ルーテシアは試乗するつもりだったのですが、ルノーと言えば日産。

          日産と言えば、あの騒動のあげく、今や未来に不安しか感じない状況。

          そんなドロ沼の日産と連合を組むルノーとなると、ちょっとやっぱり敬遠します。(^^;

          なので、ルノーが日産との関係を解消するか、日産を飲み込んで(吸収)、それでもなお経営状況が健全ということになれば、その時はまた対象に考えたいと思っています。