法定12ヶ月点検と、今さらの完成検査

 先日、愛車「インプレッサ G4」の法定12ヵ月点検を受けてきた。(^_^)

 と同時に、昨年巻き起こったスバルのリコール案件、「完成検査」も一緒にやってもらった。(^o^)

 そしてさらに、法定12ヶ月点検のついでに、エンジンオイルも交換した

もちろん、今回のオイル交換でも、さらなるフィーリング向上を求めて新たなオイルを試している。詳細は後ほど。(^_^)

 と、以上の作業をおこなった結果、何点か報告しておきたい事もあったので、今回の記事ではその報告をさせて頂こうと思う。

1.法定12ヶ月点検

 法定12ヶ月点検にかかる約1万3千円という料金は、超絶貧乏な私にとって決して安くはない金額。(^^;

だが、ボンネットを自分で開けることがない私のような人間にとって、こういったプロによる点検の機会は決してスルーできない重要な機会だ。

あっ、ちなみに購入時にメンテパックに加入している人は、法定12ヶ月点検の費用を支払う必要はない、当たり前だが。(^^;

 点検開始から1時間チョイぐらいで、作業完了の報告が来た。

早っ! (^o^;

 今回、

法定12ヶ月点検
リコールの完成検査
エンジンオイル交換
洗車(無料サービス)

をお願いしていたので、余裕で1時間半以上はかかるだろうと思って待っていたので、まずはその作業の早さに驚いた。

作業にかかった時間を考えると、リコールの完成検査は法定12ヶ月点検のタイミングで一緒に行えば、ほとんど時間がかからないのかもしれんね。(^_^)

(1)点検結果は異常なし、だが・・・

 作業を担当してくれたメカニックさんが、点検項目についての説明と、点検結果について報告してくれた。

 点検の結果は「異常なし」。

まぁ当たり前っちゃあ当たり前だが。(^_^)

 しかし!

1つだけ気になったことがある。

私が日頃から気を付けている、

「タイヤ空気圧」

に関する報告がない・・・。(-_-)

 実は私はタイヤ空気圧が問題ないことぐらい、聞かなくても分かっていた。

愛用のマイゲージでちょくちょく測ってるので。(^o^)

エーモン A58 エアゲージ(ペンシル)

 ただ単に、ディーラー(プロ)の点検によるお墨付きが欲しかっただけだ。

なので一応聞いてみた。

「タイヤの空気圧はどうでしたか?」

と。

(2)タイヤ空気圧に異常あり!?

 分かってる、「規定通りで問題ありませんでした」って言うんだろ、そんなことは分かってる、でも聞かせてくれ、あえてプロの口から聞かせてくれ。

そう思いながら答えを待っていると、予想と異なる答えが返ってきた

「少し減ってましたので、足しときました。」

と。。。(-_-;

 おかしい、先日私が測った時は規定通りの空気圧だったはずだ。

それがほんの数日の間に減ってしまったのか?

それとも測定誤差レベルの話なのか?

 「減っていた」というのがどの程度だったのか、これはちゃんと確認しておかなければならない。(-_-)

(3)タイヤ空気圧を再調整!

 ちなみにご存知の通り、ってゆーか、私にとっては常識なだけで普通はご存知ないのかもしれないが、インプレッサの指定空気圧は、

前:230kPa 後:220kPa

だ。

 減ってるはずはないんだけどなぁと思いながらも、

「空気を足したというのは、インプレッサのマニュアルに記載されている指定空気圧に合わせてくれたということですか?」

と聞いてみた。

 すると、これまた予想外の答えが返ってきた。

「前が250kPa、後ろが240kPaで合わせてます。」

??!! (・o・;

  ちょ、ちょっと待ってくれ!

250kPaって、高くない!? (^_^;

そう思ったが、相手はスバル車の整備のプロだ。

ひょっとしたら、私が間違った指定空気圧を覚えてしまっていて、それが正しいと思い込んでいるだけなのかもしれない。

ただ、今回作業を担当してくれたメカニックさんは、いつも私がお世話になっているメカニックさんたちとは異なり、今まで一度も見たことない人だったこともあり少し不安だったので、

「一応、インプレッサのマニュアルを確認して頂いて、記載の数値通りに合わせてもらえますか?」

と、指定空気圧の確認をお願いした。

 しばらくしてメカニックさんが戻ってきた。

「インプレッサのマニュアルを確認したところ、前が230kPa、後ろが220kPaでしたので、少し空気を抜いて、その通りに合わせ直しておきました。
 レヴォーグは前250kPa、後ろ240kPaだったんですけどね、インプレッサはもう少し低いみたいですね。」

。。。。。(^_^;

 いやいや、レヴォーグ関係ないっしょ。(^o^;

 なぜレヴォーグの指定空気圧に合わせてしまったのか?

 私の、決してカッコいいとは言えないG4を、カッコいいレヴォーグと見間違えたのか?

だとしたら実に光栄な話であるが、ボディ形状からして違うので、そんなはずはないだろう。(^o^;

 レヴォーグの指定空気圧は高めなので、どの車種だろうとレヴォーグ基準で合わせておけば空気圧不足になることはないと考えて、レヴォーグの指定空気圧に合わせたのだろうか?

だとしたら、整備としてはギリギリ及第点ではあるのかもしれないが、随分とやっつけな仕事だなと思う。

指定空気圧に合わせてこそメーカーが狙った乗り味が成立するのだから、安全か危険かという最低限の整備をするのではなく、商品としてあるべき姿にするのが本来の整備だろう。

 私ほど指定空気圧にこだわる人は少ないかもしれないが、皆さんも整備を受けた際には、タイヤの空気圧が自分のクルマの指定空気圧通りに調整されているのかどうか、確認されることをオススメする。

車種ごとの指定空気圧を調べて合わせるのが面倒なので、意外とやっつけな調整がされている可能性もなきにしもあらず、なので。(-_-)

2.エンジンオイル交換

(1)今回の持ち込みオイルはこれだ!

 インプレッサ G4購入後、この1年間でいろいろなオイルを試してきたが、今回もさらなるフィーリングの向上を求めて、新たなオイルを仕入れた

そのオイルがこれだ。
   ↓

ガルフ(Gulf)アロー GT30

粘度は「0W-30」だ。

 実はこのオイル、私が自力で探して選んだものではない。

当ブログの過去記事、

「インプレッサ、フィーリング重視のオイル交換」

のコメント欄に、コメントを投稿して下さった読者の方からご紹介頂いたものだ。

 ガルフのオイルって今まで使ったことなかったので、「いっちょ試してみるか!」ということで買ってみた。

意外と安かったしね。(^o^)

(2)フィーリングは良好

 オイル交換後、それなりの距離を走行したが、まぁ最高とまでは言わないけど、今のところいい感じ。(^_^)

あとはこのフィーリングがどれだけ持続するのか、やね。

 ちなみに、これまで試したオイルの優劣については、またいずれ別記事で「フィーリングランキング」という形で順位付けすると共に、各オイルのフィーリングの特徴をまとめようと思っている。

3.リコールの完成検査

(1)我が愛車がようやく完成!

 購入から1年経って、ようやく「完成」のお墨付きを頂くというのも変な話。

リコールだし、本来ならすぐにでもやらなければならない検査ではあるのだが、まぁ私の車両に関しては実際に走行した感触からして問題ないことは分かっていた。

 わざわざ持って行っても問題ないことが分かってるだけに、お互いに時間のムダ。

というわけで、12ヶ月点検のタイミングで一緒にやってもらう話をしていたのだ。

 そして今回めでたく、私のインプレッサ G4はついに「完成」の日を迎えたわけだ。(^o^)

(2)忘れていたビッグプレゼント!

 完成検査についての報告を受けると共に、忘れていた超絶うれしいビッグプレゼントの話を聞かされた。

そのビッグプレゼントとは、

5万円キャッシュバック! (^O^)

 そういやそんなこと言ってたな。

 当ブログの過去記事、

「我がインプレッサ、慣らし完了もリコール対象に・・・」

のコメント欄にも、読者の方からのコメントで5万円の話がありましたね。(^o^;

 ただ、郵便為替によるキャッシュバックということで、約3ヶ月後ぐらいにその為替とやらが自宅に届くらしく、それを郵便局に持っていくと5万円もらえるとのこと。

 まぁ忘れてたぐらいなので、タナボタでうれしい話には違いないのだが、それにしても3ヶ月後って。。。

郵便為替のことはよく分からないけど、もうちょっとスピーディーに処理できんモンかね。(^o^;

4.あとがき

 クルマの調子は快調、点検結果も問題なし。(^_^)

あとは1つだけ残る問題、「異音」の問題をクリアするのみとなった。

 朝、夜はだいぶ涼しくなってきたこともあり、前回の対策では異音が解決していないことは、すでに判明している。(-_-)

これからさらに涼しく、そして寒くなっていくので、より異音の症状の確認もしやすくなっていくだろう。

もう少ししたら、ディーラーと相談して、異音対策を進めていこうと思う。

当ブログのランキングは何位かな・・・
にほんブログ村 車ブログへ

★目次リンク
試乗記の目次

-------------------------
★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、数十万円というお金が小さなお金ではないのなら、ディーラーの下取りに出す前に必ず買取店の一括査定を実行して下さい。

私も利用している無料一括査定サービス

私の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!

ディーラーの言い値で下取りに出したりしたら、それこそ数十万円単位の損をすることになりかねません。

最も高い値段をつけた業者に売れば、
ワンランク上のグレードが狙えるかもしれませんよ!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 2.0iSスポーツ乗り より:

    まめに空気圧を管理するオーナーが少ないらしく、指定されない限りエア漏れを見込んで指定空気圧より多少多め(+10~20kPa)に充填すると以前整備の方から聞いたことがあります。
    それからはこちらで指定するようにしております。
    指定空気圧高めのレヴォーグに合わせたのではないかと仰る辛口さんの推測が、あながち当たっているかもしれませんね。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      なるほど、そりゃ納得。(^o^;

      少々高めにしといても、乗り心地はともかく安全上の問題は起きないですから、無頓着な連中相手には高めに入れとくのが無難ですモンね。

      いつも私を知ってるメカニックさんが作業を担当してくれるとは限らないので、私もこれからは事前に空気圧の数値を伝えるようにします。(^^;

  2. アバター F31乗り より:

    空気圧は、車種にもよると思いますが、特に国産車ディーラーは高めに入れることが多いです。
    自分の車ではないですが、母の車(コンパクトカー)に乗った時にメチャクチャ跳ねるので、空気圧を見たら指定空気圧より相当多く入っていました。
    指定空気圧に合わせると跳ねることはなくなり、乗り心地が良くなって母も喜んでいました。
    空気圧を気にしない人が多くいるので、多めに入れることは安全のためにも仕方ないと思いますが、指定空気圧に合わせてと希望しないと、多めに入れられてしまうと思います。

    辛口さんのインプレッサG4、ようやく完成検査が済み安心ですね。
    スバルにはこれからも「安心と愉しさ」を追求したクルマ造りをしてほしいです。
    完成検査の問題は他のメーカーでもありましたが、絶対にあってはならないことだと思うのでちゃんと検査して安心安全なクルマを送り出してほしいです。

    • 辛口系おやじ 辛口系おやじ より:

      辛口系おやじ(管理人)です。

      跳ねるほどとは、これまた極端ですね。
      やっぱり黙ってると高めに入れられてしまうのが一般的なんですね。

      私に言わせればとんでもない話ですが、安全を第一に考えれば、一般客にはそれがベターな対応なのかもしれませんね。(-_-)

      完成検査、ホント今さらって感じです。
      やるべきことはキチンとやってもらいたいものです。
      5万円儲かったのは嬉しいけど。。。(^o^;

  3. アバター 匿名 より:

    完成検査ってようは車検なんですよね12ヶ月検査も車検と同様の法定検査なんですけど項目が単純に車検から減ってるだけなので完検やったら必然的に12検も終わってるって言うんでもって見るだけなら60分車検なんてものが世の中にあるようにそれぐらいの時間で終わっちゃうんですよ